1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

2018年6月21日(木)お台場パレットタウンにオープンした『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless』が凄いと話題! ご興味のある方はぜひ行ってみてくださいね♪

hassymossyさん

いつも驚かせられる『teamLab』 さんのイベントですが、今回もまた凄いみたいです♡ 私はまだ行けていないのですが、ぜひ行ったみたいと思っています♪ 皆さんもぜひ行ってみて下さいね♡

----------------

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
所在地:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
開業日:2018年6月21日(木)
営業時間:月~木 11:00 -19:00 (21:00)
     金・祝前日 11:00 -21:00 (22:00)
     土  10:00 -21:00 (22:00)
     日・祝日 10:00 -19:00 (20:00)
料金:一般/高・大学生3,200円 子ども(4歳~中学生)1,000円
   (※6月21日~7月31日までは2,400円)
※ 詳しくはHPか各チケット販売店でご確認ください。
HP:https://borderless.teamlab.art/jp

↓ 地図です♪

----------------

異世界、異次元を彷徨い、探索し、発見する 境界のない(ボーダレスな)アートの世界

チームラボ代表の猪子寿之氏は「このミュージアムは境界のない(ボーダレスな)アートの世界。その世界に迷い込んで彷徨い探索し、発見していく体験をしてほしい」と挨拶で説明していた。そう、館内はあえて薄暗く、森や異世界に迷い込んだよう感じられるようになっている。

10,000㎡という圧倒的な巨大空間は、5つの世界で構成され、世界初公開作品を含む約50作品を展示します。
“Borderless”のコンセプトのもとに、展示作品は他の作品との境界がなく、部屋から出て通路を移動しはじめ、他の作品とコミュニケーションし、時には他の作品と融合します。また、作品と鑑賞者との境界もないため、人々はこの世界に没入し、さらには、自分と他者との境界すら連続的なものになっていくでしょう。境界のないアートでできた本施設は、鑑賞者が自らの身体を使って探索しながら、他者と共に新しい体験を創り出していく、これまでにない全く新しいミュージアムとなります。

光の点で世界を表現したインタラクティブなインスタレーション「Wander through the Crystal World」。まるで光の世界に迷い込んだよう

通路の窪みのような空間にある「The Way of the Sea」。魚の群れが入ってくると作品がはじまり、いなくなると終わる。ほかのアートが流れ込んでくることもある。上下左右すべてに映像が投影され、浮遊感とともに一体感を感じられる

「チームラボアスレチックス:運動の森」にある、高低差のある斜面で創られた立体的な大空間「グラフィティネイチャー 山山と深い谷 / Graffiti Nature – High Mountains and Deep Valleys」。自分で描いた動物や花の絵も動き出す。高低差は最大で1.2メートルとのことだが、もっとありそうに感じる

学ぶ!未来の遊園地
「共同的な創造性、共創(きょうそう)」をコンセプトにした教育的なプロジェクトであり、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「遊園地」です。

・コンセプト、共同的な創造性、共創(きょうそう)

輝く玉石が立体的に配置された「光の森の3Dボルダリング / Light Forest Three-dimensional Bouldering」。同じ色のホールドだけを連続して使って進めば進むほど、より広い範囲のホールドが呼応し、音色も響く

1 2