1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どうしたメッシ‥決勝T進出絶望的のアルゼンチン代表に落胆の声が広がる

サッカー2018FIFAロシアワールドカップのグループDでは21日、クロアチアがアルゼンチンに3-0で快勝、決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたアルゼンチンは1分け1敗で進出は絶望的に。エースのメッシ選手はまたしても不発で小柳ルミ子さんも落胆の様子‥

更新日: 2018年06月22日

10 お気に入り 56572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メッシはまたしても不発‥

karumaru0505さん

●2018FIFAワールドカップ・グループD第2戦が21日に行われた

グループステージ第2戦が21日に行われ、アルゼンチン代表とクロアチア代表が対戦した。

●アルゼンチン代表はクロアチア代表に3-0で敗北

クロアチアは後半8分に相手GKのクリアミスからFWアンテ・レビッチが先制。そして、後半35分にモドリッチがペナルティエリア手前中央から華麗な切り返しを見せ、右足でミドルシュートを炸裂。

後半アディショナルタイム1分にはラキティッチがダメ押しとなるゴールを決め、クロアチアのリードが3点に広がる。

試合はこのまま3-0で終了し、2連勝を飾ったクロアチアが1998年フランス大会以来20年ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。

●アルゼンチン代表エースのリオネル・メッシ選手はまたも不発‥

●初戦のアイスランド戦ではPKを失敗しているメッシ選手

メッシは1−1で迎えた63分、PKのキッカーを務めたが、アイスランド代表GKハンネス・ソール・ハルドーソンの好セーブに阻まれた。

世界最高の選手の呼び声高いメッシだが、PKを苦手としていることで有名だ。同選手はこれまでのキャリアで107回PKキッカーを務めたが、その内25回を失敗(失敗の確率23%)

●アルゼンチン代表のサポーターからは厳しい声も相次いでいる

その大半は「メッシの名声を汚さないため」とし、アルゼンチン代表チームが「メッシにふさわしくない」という論調となっている。

優勝候補を牽引しながら結果が出ないバルセロナ所属の背番号10に対し、スペイン紙「マルカ」は辛辣な評価を下している。「消えたメッシとともに恥をかくアルゼンチン」と見出しを打って特集した。

アルゼンチンが0-3で負けてる…もうあかんかメッシ

メッシのあの運動量でもゴール量産できるのはバルサのポゼッションありきってのがよく分かった

1 2 3