1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

marakasu3世さん

COVE SHOE(コーブシュー)とは?

COVE SHOE(コーブ シュー)は世界で通用するプライベートレーベル、及びブランドレーベルシューズのマニュファクチャー(製造工場)として、RED WINGをはじめ、多くの有名メーカーの生産を請け負ってきました。昔ながらの製法を受け継ぐ熟練した技と技術革新がここに融合し、現在では北米最大のファクトリーとなりました。今もなおアメリカ生産に拘り続ける貴重なブランド。

コーブシュー ポストマン redwingをはじめ数々のアメリカ靴メーカーのOEMも請け負ってきたファクトリー。あのRedwingポストマンもコーブシューが生産していたとかしていないとか(°Д°) #COVESHOE #RedWings pic.twitter.com/P6o7skcObS

最新技術と職人技が融合するCOVE SHOE(コーブシュー)

コーブシューでは各レザーパーツのマスターパターンは、コンピュータを用いた最新鋭の裁断マシーンで正確にカットしています。しかしその他の工程はすべて職人のハンドクラフトで作っており、熟練した職人の技術と最新の技術を融合させた靴作りを行っています。また、非常に多くのラストを保有しており、ワークシューズからオフィシャルワーカーズシューズに至るまで、それぞれの用途に応じて使い分けされています。
そうして作られる靴は、全米トップレベルの品質を誇っています。その実力は、現在でも合衆国郵便サービスや軍・警察などに靴を納めているという実績からも伺い知ることができます。このように官給品を供給しているシューメーカーはアメリカ国内でも多くはありません。

北米のシューズファクトリー cove shoeのpostman shoesです。 ソールにはビブラム社のガムライト。 インソールも厚くクッション性はなかなかです。 使い勝手もよく一足持っていて損はないかと。 おすすめです(^^) pic.twitter.com/zsq4Efl8

人気のポストマンシューズとは?

ポストマンシューズとはポストマンという名前のとおり、もともとは郵便局員向けのサービスシューズとして誕生した靴。歩く機会が多い郵便局員の負担を減らすため、ソールはフラットソールでラバーなど柔らかい素材を使用しているなど履き心地を考慮した作りで革靴ながらも疲れにくいような作りとなっている。どんな天候でも配達しなければいけない郵便局員向けに作られたシューズなので、革靴ながらも雨にも強いというのも魅力だ。

Cove shoe companyより万能ポストマン再入荷しております!スマートなフェイスにクッション製優れた履きごこち。 是非一度お試しください♩ s.ameblo.jp/smaclo-2/entry… #スマクロ #coveshoe pic.twitter.com/6utX8hp2yA

光沢のあるブラックが大人の足元にピッタリ!

最近のお気に入り COVE SHOEのポストマン履いて 1日遅れで鮎川誠さんのお祝いに行ってきます。人生初のシナロケ 楽しみ。 pic.twitter.com/9u8XQeT2ZP

もうすぐ春かと思いきや、寒い、、 あー早く花見がしたい。 今日はこちら cove shoe corcoran postman ¥24150 ドレスにもカジュアルにもオールシーズン使えること間違いなしです。詳細は後ほど。 pic.twitter.com/034tCQcx

ポストマンシューズで梅雨を乗り切ろう!

1