1. まとめトップ

肌荒れ引き起こす!化粧品&コスメによる肌トラブル まとめ

キレイになるためにしているはずのお化粧やスキンケアで肌がボロボロになってしまったら本末転倒!自分に合ったスキンケア用品を正しく使ってきれいな肌を保ちたいですね。

更新日: 2019年10月08日

4 お気に入り 3229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

キレイになるためにしているはずのお化粧やスキンケアで肌がボロボロになってしまったら本末転倒!自分に合ったスキンケア用品を正しく使ってきれいな肌を保ちたいですね。

■化粧品による健康被害が後を絶たない

きれいになるためのお化粧のはずなのに……

■年間1,000件以上の被害報告が国民生活センターに寄せられている

化粧品を販売するサイトで購入した海外製リップクリームを使ったところ、唇が腫れ、かゆみやただれなどの症状が出た。

お試しと思い注文した除毛クリームが定期購入だった。使ったところアレルギーを起こして顔や体の皮膚が赤くなり使えないのでやめたい。

SNSで評判のまつ毛の美容液が安かったので申し込んだが、2回ほど使ったところでまつ毛の生え際や眼の周りが赤くかゆくなった。定期購入だと言われ解約してもらえない。

■最近はまつ毛にかかわる被害報告が増えている

2018年から急増していることがうかがえます。
なぜこのような事態になったのでしょうか。

①化粧品の知識レベルの低いメーカーが増えた

まず大前提として、多くの化粧品メーカーは残念ながら化粧品に詳しくありません。そもそも科学も知らなければ、化学も知りません。

というのも大半がOEMで作成しており、メーカー自体は企画会社で理系が全然いないというパターンも多く存在するからです。

昔は化粧品メーカーというと国の許認可がなければ、会社さえ作れませんでしたし、商品も出せませんでした。しかし、今では許認可を持っているOEMメーカーに頼めば誰でも化粧品が作れる状態になりました。

OEMで化粧品が作れるようになった結果、斬新な化粧品が市場に増えたことは事実。
しかし出たばかりの化粧品は安全性のデータも乏しくリスクもあることをお忘れなく。
とくに目新しい化粧品ほど、信頼できるメーカーを選ぶのがよさそうです。

②粘膜部分に触れる化粧品は、被害が出やすい

2005年から2010年に延べ約467万人に対して販売された「茶のしずく石鹸」約4,650万個について、同製品に含有される小麦加水分解物により、小麦アレルギーを発症する事例(重傷者だけでも66人)が報告されており、厚生労働省は2010年10月に消費者に対し、加水分解コムギを使った石鹸全般に対する注意を発表した。

この「茶のしずく石鹸」には、保湿性やツヤ出し、感触改良といった目的で「グルパール19S」という加水分解小麦が使用されていました。

この「グルパール19S」という成分は、加水分解小麦の中でも分子量が大きく、分子量が大きいと肌から入ったときにアレルギー物質と認識されやすいそうです。
主に洗顔に使われていた石鹸のため、目や鼻などの粘膜部に触れることで体内に侵入し、アレルギー症状を発症したと考えられています。

正常な皮膚は、角質に守られており、異物が侵入しにくいつくりになっています。しかし、湿疹などがあり、アレルゲンが皮膚のバリアを通過して、表皮や真皮に侵入すると、免疫細胞と反応して感作が起こり、これを「経皮感作」といいます。

近年の研究結果から、スキンケア不足による「経皮感作」により食物アレルギーは進行し、食物アレルゲンを症状なく食べて摂取を続けることにより「経口免疫寛容」が誘導されることがわかってきました。

つまり、敏感になった肌や粘膜、角質層の薄い肌(子どもの肌など)にアレルギー物質を含んだクリームなどをすり込むと肌からアレルギー物質が吸収され、アレルギー反応を引き起こしてしまう、ということ。

③肌の機能を壊す化粧品に注意

2013年5月13日、ロドデノール配合の製品を使って肌がまだらに白くなった人が3名いるとの連絡が皮膚科医からカネボウ化粧品に入り、これにより社長が被害を把握した。

ヒトの皮膚は人種によって色合いが異なるものの、一般的にこれは皮膚中に存在するメラニン色素に負うところが大きいとされます。

しみの元にもなるメラニン色素は、細胞の中で作られます。このとき、メラニン生成を仲立ちする酵素がチロシナーゼです。ロドデノールは、この酵素の機能を抑制します。

ロドデノールは体内でメチルクロマンジノンと呼ばれる別の物質に変化します。このメチルクロマンジノンが、活性酸素を除去する仕組みを妨げ、細胞毒性を示すとのことです。

そもそもメラニンは傷ついた肌を守るために肌が作る、いわば防衛機能。その機能を抑制する化粧品が肌にいいかどうかは想像に難くありません。

④間違った保管や使い方をする

1 2