1. まとめトップ
  2. 雑学

恋愛対象は犯罪者...!囚人しか愛せないプリズン・グルーピーとは

犯罪者しか愛せない...。日本では「市橋ギャル」とも話題になった『プリズン・グルーピー』。ハイブリストフィリア、犯罪性愛ともいわれ、一つの性的倒錯であるらしい。しかも人気なのは「凶悪連続犯罪者」。

更新日: 2018年09月29日

9 お気に入り 46053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●プリズン・グルーピー

世の中は広いもので、囚人(特に連続殺人犯)に恋する奇特な方々が存在する。

彼女たちは俗に「プリズン・グルーピー」と呼ばれている。

1930年代に米国で銀行強盗や殺人を繰り返したカップルの名にちなんで「ボニーとクライド症候群(Bonnie and Clyde Syndrome)」とも呼ばれ、時代や国を問わず、こうした人々がいる。

◆ファンレターが山ほど...人気の「犯罪者」

●リチャード・ラミレス

グルーピーに手のひらを見せるラミレス

逮捕当時のラミレスは不摂生な生活と薬物乱用により当時26歳ながらも既に歯を失い、見るからに不健康そうだった。しかし、拘留中に太り、義歯をはめ、身なりを整えたところ、一躍人気者となった。

悪魔崇拝をおおっぴらにしたり、なんとなく鼻筋がしゅっとしていて雰囲気イケメンだったことから、グルーピーが発生。

彼の裁判には沢山の女性が傍聴に訪れ、多くの手紙が届いた。

リチャードの長年のファンだったDoreen Lioy

1996年10月、グルーピーのひとりであった女性と獄中結婚。刑務所内で結婚式を挙げた。

無差別に13名を殺害、獄中結婚...ナイトストーカーと言われた悪魔リチャード・ラミレス - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215303353…

●チャールズ・マンソン

服役して40年が経つ今も、マンソンを反社会のリーダーとして信仰する人は多い。

熱心なファンだった54歳年下の美女。
マンソンが坊主にしてくれと要求すると坊主にしたりかなり熱狂的だった。

カルト教団で全米を震撼させた人気の犯罪者、チャールズ・マンソン - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215268886…

●ノルウェー連続テロ事件

ブレイビク受刑者が受け取る手紙は年間「少なくとも」800通で、大半が女性ファンからのものだという。

ある女性は、ブレイビクを励ましたい思いで書いた手紙は150通を超える。小さな贈り物をすることもある。

ノルウェーは死刑がなく、最高刑が禁固21年 77人の無差別殺人者が娑婆に戻ってくる可能性は極めて高いのだが、それに対する不安はないのだろうか? RT/77人殺害して禁錮21年....世界1の大量単独殺人犯アンネシュ・ブレイビク - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215297109… matome.naver.jp/odai/215297109…

●ヨーゼフ・フリッツル

25年間自分の娘にレイプを繰り返し監禁し続けたオーストリアのヨーゼフ・フリッツルにもファンクラブがある。

1 2 3