1. まとめトップ

【驚愕】炭酸飲料より4倍も歯に悪い食べ物【衝撃】

あの食べ物がまさかの…そんなに歯に悪いなんて…怖すぎる

更新日: 2018年06月23日

5 お気に入り 12327 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

youm00nvrさん

炭酸飲料より4倍も歯に悪い「食べ物」

◆リンゴは炭酸飲料よりも歯に悪い!?
数年前にこんな記事が海外サイトに出ていました。ロンドンのキングスカレッジのデビット教授によるとリンゴは炭酸飲料に比べて最大4倍も歯にダメージを与えるといった内容です。「リンゴは高い酸のためゆっくり食べると歯にダメージを与える可能性がある。でも一般的に歯に悪いとされやすい炭酸飲料などは歯にダメージを与えるリスクの増加が見られなかった」とのこと。

リンゴは酸性度が高く、食べるのに時間がかかるため、それだけ歯のダメージにつながりやすいといったところでしょうか? しかし、リンゴは体に良い食べ物で、牛乳やチーズなどと一緒に食べれば中和され、食後に水で酸を洗い流すことができるとのことです。

その他の歯に悪い食べ物

栄養価が高く健康的な食べ物として注目されているドライフルーツ。こちらは、糖分を多く含んでいることと、ねっとりと柔らかい食感で歯にくっつきやすいことから歯には悪い食べ物と言われています。

ポテトチップスなどのおいしいスナック菓子は、もちろん歯に悪い食べ物です。塩辛い食べ物ですが、意外と糖分が多く含まれています。さらに歯にもくっつきやすいので、歯には多くの悪影響を与えます。

甘くておいしいキャラメル。しかし、ネバネバしたキャラメルは長時間口の中に砂糖のかたまりを入れておくことになります。歯に悪い食べ物であることは納得できますよね。キャンディー類もキャラメルと同じなので注意しましょう。

コーヒーを飲むと、ステインによって歯にシミを作ってしまうことは多くの人が知っているでしょう。さらに、コーヒーには歯の表面をネバネバにする作用があり、食べ物が歯にくっつきやすくしてしまうので、歯には悪い飲み物と言えます。

ポリフェノールが含まれた赤ワインは、体に良いことで知られていますが、歯のことを考えると気をつけたい飲み物です。赤ワインは酸性の飲み物です。酸は歯に悪影響を及ぼすことを柑橘類の時にご紹介しましたが、実は酸は歯を溶かしてしまうのです。歯の為にも健康のためにも飲み過ぎには注意しましょう。

フッ素を含んでいる紅茶は、歯を虫歯から守ってくれる効果があります。しかし、レモンティーやハーブティーによっては酸性度が高いものがあります。歯は酸に弱いため注意が必要です。

1