1. まとめトップ

【ロシアW杯】決勝T出場チームついに決定!グループステージで活躍した各国の注目選手は!?

波乱続出のグループステージを勝ち抜いた16チームがついに決定!各国の注目選手や特徴をまとめました!ネームバリューより、グループステージで活躍した選手を多く載せています!

更新日: 2018年06月29日

1 お気に入り 4239 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■波乱続出のグループステージ!

ドイツは25本のシュートで畳み掛けたが無得点。ドラクスラーらが果敢にシュートを打ったが精度を欠いた。

前回大会王者のドイツが韓国に0-2と完封負けを喫し、まさかのグループリーグ敗退という結果に。

グループリーグD組第2節の試合が行われ、アルゼンチン代表はクロアチア代表と対戦し0-3の敗戦を喫した。

アルゼンチンメディア『クラリン』はタイトルに「アルゼンチン代表のファンがホルヘ・サンパオリ監督に対して侮辱的なチャントを浴びせ、唾を吐いた」と伝えた。

勝利が絶対条件の中で、ナイジェリアとの最終節を迎えたアルゼンチン。
87分にマルコス・ロホが決勝点を挙げ、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

最多5度の優勝を誇るE組のブラジルはスイスと1—1で引き分け。W杯の開幕連勝は9で止まり、78年大会以来40年ぶりに初戦白星を逃した。

グループリーグ第2節でコスタリカ代表と対戦。試合終盤までコスタリカの堅守に苦戦を強いられた

■そしてついにグループリーグを勝ち上がった16チームが決定!決勝トーナメント注目選手は!?

ウルグアイ

所属しているバルセロナでは、3シーズン連続20ゴール以上をマークし、世界を代表するストライカーとしてその名を轟かせている。

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは今大会初ゴールを記録。自身の代表通算100試合目のメモリアル弾は、グループリーグ突破を決める決勝弾となった。

スピードがあり空中戦も強いCB。クレバーさもあり、ウルグアイDFでは珍しい、洗練されたプレースタイルが特長。

ヒメネスが強烈なヘディングシュートをゴール右に決める。終了間際の劇的弾でウルグアイが1-0の勝利。大事な初戦を白星で飾った

ロシア

1 2 3 4 5 6 7