1. まとめトップ

福島県のイカを使った絶品郷土料理いかにんじん

いかと人参だけというシンプルそうで、でも絶品な福島県の人気郷土料理であるいかにんじんのご紹介。

更新日: 2018年06月23日

1 お気に入り 391 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

各県の味のある郷土料理好きです。

moepapaさん

いかにんじんとは

いかにんじんとは、福島県中通り北部の郷土料理である。
スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けする。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれている。

一説には、1807年に蝦夷地(現在の北海道)松前藩が梁川藩に国替えになった際に、家臣がいかにんじんを知り、1821年に再度蝦夷地に国替えになったときに持ち帰って特産の昆布などを加え松前漬けを作ったといわれる。

あまりにもシンプルな家庭料理であるため、もてなしの料理としては見られなかったいかにんじんだが、福島市出身のタレント佐藤B作がテレビで紹介したことをきっかけに、地元ではいかにんじんに注目し、地域の名物としてPRを始めた。B作の出身地である福島市内の飯坂温泉でも、各旅館が冬の食膳の一品として客に提供している。

様々ないかにんじん

軽く和えてサラダ感覚で食べる人もいれば、しっかりした漬け込みで食べる人も。

いかにんじん動画

1 2