1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆23日の日本時間で21時、ベルギー対チュニジア戦が行われた

優勝候補の一角にも挙げられるベルギーは、初戦でパナマに快勝して好発進。一方のチュニジアは初戦でイングランドに敗れていた。

◆前半5分、チュニジアはいきなりPKを与えてしまう

◆続いて魅せたのはルカクだ

同16分、ルカクは、FWメルテンスからの縦パスをゴール左に走りこんで受けると、素早く左足を振り抜く。狙い澄ました一撃で対角の右サイドネットを揺らした。

◆終始ベルギーに圧倒されるもチュニジアも意地を見せた。

しかし、チュニジアも18分、左サイドからのワフビ・カズリのFKを、ゴール前のディラン・ブロンが頭で合わせて1点差に詰め寄る。

◆しかし、その後、チュニジアに2度アクシデントが襲った

23分には、そのブロンが膝を痛めて担架でピッチを後にし、ハムディ・ナゲズが投入されるアクシデントがあった

しばらくチュニジアの時間帯が続く中、41分に再びチュニジアにアクシデント。ベン・ユセフが足を痛めて負傷交代を余儀なくされ、ヨアン・ベナルアンヌが投入される。

◆2-1で折り返すと思った前半終了間際、ルカクがまた魅せた

そのまま折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、トーマス・ムニエがゴール正面から巧みにスルーパスを供給。

PA内右に抜け出したルカクは飛び出したGKファルク・ベン・ムスタファにコースを消されたが、右足で軽く浮かせてゴール左へ流し込み、この日2点目で3-1とする。

初戦のパナマ戦から2試合連続2得点のゴールラッシュ。今大会計4得点とし、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(33=Rマドリード)に並び得点ランキングトップに立った。

◆後半は、早々に2つのカードを切ったチュニジアは疲れを隠せず、ベルギーの独壇場

1 2