1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

映画化が決定したマンガ・小説まとめ!【2018年8月公開】

2018年8月公開予定の映画の中で、マンガや小説から映画化となった作品をまとめました。(センセイ君主、青夏 Ao-Natsu、ペンギン・ハイウェイ、検察側の罪人)

更新日: 2018年08月01日

11 お気に入り 23562 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『センセイ君主』 幸田もも子

告白7連敗中の佐丸あゆはが出会ったのは、超イケメンだけどメチャ横暴なヒネクレ教師!! でも(超微妙に)優しい所もあったりして、あゆはの心はグングン恋愛モードに突入。

センセイ君主って映画化するの?! 主題歌はTWICE。 なんか旬の俳優さん出てる。 見に行こ。先生と生徒の恋愛は私の好物。(※ただしイケメンに限る)

たぶんセンセイ君主わたしがめちゃめちゃ好きなタイプの映画だ コメディでめっっちゃ面白いけどちゃんとキュンキュンしてふあ〜ってなるやつだ1番好きなやつだ

「センセイ君主」どんな事にも目気ない一生懸命な純情少女あゆが好きになったのは捻くれ者で横暴な弘光先生。先生と生徒の禁断の恋…時折見せる弘光の優しさと甘い台詞にキュンときます!甘々ドキドキな展開が満載で不意打ちのギャグも面白い! pic.twitter.com/DNW4jDczp5

◎『青夏 Ao-Natsu』 南波あつこ

東京で合コン祭りのはずが、夏休みを田舎で過ごすことになった理緒。そこで出会ったのは、硬派だけど少しイジワルな男の子で──!?

青夏実写するんだ、、 近キョリ恋愛映画公開されるとき、その猫ピン目当てで別冊フレンド一回買ったんだけど、その一回の中に入ってて一回でもうすごく面白いなって思った作品。 ちょっとみたいかも

青夏わず 今回もキュンキュンですな笑 南波あつこ先生の絵、超好き てか先輩と彼女、映画化するんだ!! 見に行きたいな~~ pic.twitter.com/mO0xLJzrky

南波あつこ先生の青夏を電子書籍で全部購入して一気に読みました…南波先生の漫画はいつもさわやかで切なくて胸キュンがすごくて大好きです…吟蔵最高にかっこいい男子…!素敵な映画を見たような読後感…アルコールも入っているのもあるかもしれないけど随所で涙が出た…持ってる漫画を読み返そうかな

◎『ペンギン・ハイウェイ』 森見登美彦

小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。

森見登美彦のペンギンハイウェイが映画化で主題歌は宇多田ヒカルで公開は夏真っ盛りの季節とか最of高に観たい以外に言葉が見つからない

『ペンギン・ハイウェイ』 森見登美彦 読了 ——この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか? 突然街に現れたペンギン。 少年のひと夏の冒険とふしぎなお姉さんのお話。 夏が始まるワクワクした気持ちをこの作品が思い出させてくれました。 8/17.映画も応援します☺︎ #読書好きと繋がりたい pic.twitter.com/jxgDwNFB11

「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ。」 ペンギンハイウェイ読了! かなりよかった

◎『検察側の罪人』 雫井脩介

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。

雫井脩介『検察側の罪人』読了。映画化の予告を見てつい手を出した本だったけど、興奮が冷めやらない。ヤバイな。ここしばらくの間では一番良かったかも。キムタクとニノの劇場版、スゲー楽しみになった。

雫井脩介『検察側の罪人』(文芸春秋)読了。 淡々とかつじわじわと状況が収斂していく描き方が見事。引き絞られた弦が放たれる瞬間の爆発力をもっと楽しみたかったが充分面白かった。 沖野は完全にニノで読めた。最上はイメージとはまるで違うがむしろ邪魔にならずに良かった。

検察側の罪人、読了。夜中に目覚めて眠れなくなり、そこから空が白むまで一気に展開。昔ほんの少し法律をかじった者としては、沖野が愛しい。罪とは、法律とは、リーガルマインドとは、という多くのことが突きつけられる。最上と沖野。二人にとっての正義。骨太のストーリーだった。

1 2