1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

会話無視に風俗入店..あの俳優たちの「役作り」がハンパなかった件

瑛太・松岡茉優・志尊淳!演技派の俳優・女優たちの役作りが明かされた。

更新日: 2018年06月25日

15 お気に入り 161730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■先日の挨拶でこだわりの役作りを明かした玉城ティナさん

W主演の小関裕太さんと玉城ティナさんが23日、都内で行われた映画『わたしに××しなさい!』の初日舞台挨拶に出席

「漫画っぽくするにはどうすればいいか、原作のカットを一コマずつ写メで撮って、表情の研究に使いました」とこだわりの役作り報告。

▼そんな中、最近ハンパない役作りが明かされた俳優もいた

■ドラマや映画の演技力が絶賛されている瑛太さん

瑛太(エイタ) 男優。1982年12月13日生まれ、東京都出身。モデルとして活躍後、2001年10月、フジテレビ系ドラマ『さよなら、小津先生』で俳優デビュー

大河ドラマ「西郷どん」。平均視聴率は前回より1.5ポイント減の12.2%と下がったものの大久保正助を演じる瑛太の迫真の演技に注目

きのうのNHKの西郷どんの、瑛太は、素晴らしかった❣️こころに、迫るものがあった!瑛太の演技力に、涙した!⭐️⭐️

・風間俊介さんが瑛太さんが役作りで会話NGだった事を明かした

瑛太から「作品が終わるまで一言もしゃべりたくない」と思いがけない言葉を言われ、実際にそれから芝居以外での会話は1度もなかった

『それでも、生きてゆく』(それでも、いきてゆく)は、2011年7月7日から9月15日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された

風間は、快楽のために瑛太の妹を殺してしまう異常者役で、瑛太は憎しみにリアリティを持たせるために撮影以外でも風間とは距離を置いていた

■パルム・ドール賞『万引き家族』に出演していた松岡茉優さん

松岡茉優(マツオカ マユ) 女優。1995年2月16日生まれ、東京都出身。

本人も女版“八嶋智人”を目指すと公言していて、演技力はもちろん、喋りも同世代の役者の中で群を抜いている

#万引き家族 明るい感想、松岡茉優さんがきれいかわいい、透明感ある、おっぱい、演技力、スレ方完全再現、かわいい、かわいい

・その松岡茉優さんが役作りで風俗店に入店していた

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画として21年ぶりに最高賞「パルム・ドール」を受賞し話題沸騰中の『万引き家族』

Q:松岡さんが演じた亜紀は「さやか」という源氏名を名乗りJK見学店で働いています。役作りは、どのように?

同店のオプションである「学校机と椅子覗きプレイセット」と「魚肉ソーセージ」の中身について真剣に質問したというのだ。

■今年大ブレイクの志尊淳さん

1 2