1. まとめトップ

モネとシュガーとヴィオラの正体は3姉妹【ワンピースネタバレ考察】

ワンピースのモネ、シュガー、ヴィオラの秘密を特定。モネ(雪ハーピー)とシュガー(おもちゃ少女)は姉妹で、ドフラミンゴ配下。立場が違い過ぎる謎を解明。実はヴィオラ(ドレスローザ王女)も姉妹。

更新日: 2020年02月02日

0 お気に入り 35453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

モネの年齢は30歳

足を失ったがローの能力で鳥の足に。
正体は人魚だと考察。
スペルはMonetで、一般用語のモネはハート型のお菓子。

ジュエリー・モネというブランドが現実に存在。
なぜ、ボニーと同じ姓だと考察したかは、読み進めると判明。

シュガーの年齢は10歳(22年前に誕生)

シュガーには確かに22歳ともあるのだが、下段の一覧では、作者は年齢を断固として10としている。

ワンピースには二重年齢があることが証明された。よって、他のキャラにも「何歳」とあっても、信用できないことに。

姉妹関係について考察

77巻の作者コメントにより、モネとシュガーが姉妹というのは確定した。ということは、姉妹の父母が作者の設定に存在する可能性が高い。つまり、既出といえる。しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、父母が共通だと語ったわけではない。結論から言うと父違いの姉妹となる。それを解説してゆこう。

モネの両親はココロとトム

10年前に処刑された。
Monetという文字はTomをすべて含む。
父親はトムだと堅く考察。
トムの処刑こそが、モネがドフィの所へ行くきっかけ。
16年前のドフィ達一味には、モネ姉妹はない。0歳のデリンジャーはいた。

トムの苗字こそがジュエリーだと考察。トムとジェリー(尾田氏が幼少期のアニメ)のパロディだと判断。

モネというのはハート型の菓子だと語ったが、ココロ型の菓子ということ。髪の毛の色も一致。

服のチューリップに注目、老いてからもズボンにチューリップがある。実はハートという名前が入るチューリップの種類がいくつもある。

フルネームはジュエリー・ココロ? ジンベエの姓がジュエリーだと考察している。つまり、ボニーの夫でチムニーの父はジンベエ。

ココロはレイリーの後にトムと結婚したからジュエリーという思考でもいいが、トムとココロはイトコなど親戚だから最初から同じ苗字という思考でもいい。

モネと髪型や髪質、髪の色まで一致。

この頃の夫はレイリー。トムは後夫。

モネの両親の少なくともどちらかが、シュガーの親だということになる。
もちろん、両親共に一致していてもいいが、不自然に8歳も離れている。

ここで1つポイントを挙げる。モネはシーザー・クラウンがやられるような、護衛の任務失敗をしたら消されるような弱い立場。一方では、シュガーはむしろ護衛のトレーボルがついたりと、ドフィに大事にされている。この差は実は父親が違うからだと考察。

モネはリク王の一族にメイドとして潜入していたが、リク王の(2番めの)妻はココロで、モネがココロの娘ならば極めて容易に潜り込める。

シュガーの両親はココロとドフラミンゴ

フラミンゴ=紅鶴で、鳥の名
シュガー=砂糖で、砂糖鳥=鳥の名

更にはフラミンゴやシュガーラブというチューリップの品種がある。つまり、ココロ、ドフィ、シュガーは家族。

シュガーとドフィがぴったり座る画像だが、おやつのブドウをドフィの足の上に載せている。人間を憎むボスのドフィにこんな失礼なことができ、ドフィも受け止める。そんな関係は、娘くらいしかいない。(シュガーは人魚と天竜人と人間の血が混ざるので、人間そのものではない)

二人だけがピッタリとくっついていたら、関係に注目されてしまう。だが、複数の若い女と一緒ならば、ハーレムの一員としてシュガーの立ち位置から目が逸れる効果がある。

姉妹なのに、妹シュガーは甘やかされ、姉モネは任務の失敗で消される立場。これは、父親の違いを意味する。

マントを見れば一目瞭然。ドフィと同系。

父娘というのは、当チャンネルが世界初の発表となろう。

シュガーは目玉が飛び出るが、魚人(人魚)由来で、目が飛び出る魚の表現。ドフィは目が飛び出たりしない。(麦わらの一味は全員、目が飛び出たり、牛乳で歯が再生するが、要するに魚人の血を持っている)

ここまでをまとめると、モネとシュガーはココロという母親は共通しているものの、父親がトムとドフィで違う。この違いこそが、待遇の違いに現れる。ドフィにとってはトムの娘という他人に対し、シュガーは自分の娘。そりゃもう待遇が違うのは当然というわけだ。

ドフィは人間が憎い。しかし、父母が処刑された当時はまだ10歳くらいで、育ての親というのが必要だ。そう、人間ではないトムとココロこそが育ての親で、ココロというのは母であり妻というわけだ。

トムが処刑されれば、モネが頼れる相手としては義理の兄や父であるドフィとなる。シュガーはもちろん、実の父ドフィについてゆく。

ドフィに救われたモネとシュガーだが、そもそもなぜドフィが救ったかの理由が、義理の娘(義理の妹)と実の娘だから。そして姉妹の待遇の違いは、義理の関係か血縁関係かの違い。

そんなドフィの娘が22歳の姿だとする。そして、作者は父娘の表現をこっそりと入れたい。シュガーがドフィに対して失礼な態度をとっても、ドフィが怒ったりしないならば父娘だと表現できる。しかし、シュガーのその年齢だと、父娘だと見抜かれやすい。そこで、シュガーを呪いというおかしな設定で、10歳に固定した。実際には娘だから、ブドウの籠をドフィの足の上に乗せても怒らないという状況を、「ドフィは小さい子には無闇に怒らないどころか許してしまう」という誤誘導にした。

ヴィオラの両親はココロとリク王

作者は遠回しにドフィの愛人だと認めている。
それよりも気にして欲しいのは、シュガーと服がそっくりなのだ。ヴィオラの方はフリルも付いているし色も違うが、肩出しの水玉のワンピースというのが一致している。同じくドレスローザ編で、同じ服というのは、姉妹の表現以外考えにくい。

父親がリク王というのは定まっている。ヴァイオレットというチューリップがある。そう、実はヴィオラもココロの娘で、ヴィオラ、モネ、シュガーは3姉妹というわけだ。

ヴィオラがドフィの最初の妻ココロの娘ならば、女として愛せる。
一方、母であり妻であるココロを抱いたリク王をドフィがめちゃくちゃにしたいのは、そういうこと。

3姉妹だと語ったが、実際には10姉妹以上だと考察。
その中にはルシアンがある。

父はリク王、母は同じくココロ。

まとめ

モネ(30)……ココロとトムの娘、ジュエリー・モネ
ヴィオラ(29)……ココロとリク王の娘
シュガー(22)……ココロとドフラミンゴの娘、ドンキホーテ・D・シュガー
 ドフィの母つるの母親がアマゾン(空島老婆)で、その夫がロックスというDの一族だと考察

他にも姉妹がいて
シンドリー(生きていれば45歳程度)……ココロとレイリーの娘、ペローナとステリーの母親だと考察

こんな次々と夫が変わるキャラ・ココロは不自然? いいや、ビッグ・マムとココロが姉妹ならば、むしろそういうことになるのが自然。トムはドフィの育ての父親なので、たとえココロを抱いたとしてもドフィは怒ったりしない。レイリーはドフィが生まれる前の夫なので仕方ないし、元夫だということを知らないのかも。というか、ドフィでもレイリーには勝てん。それから、ドフィ配下のディアマンテ(45)というのは、ココロとレイリーの息子だと考察(証拠は他のまとめで)。

【余談】
22年前に生まれたけれど、悪魔の能力(副作用)で10歳になったキャラは10歳と表記される。
22年前に生まれたけれど、悪魔の能力で19歳になったキャラは、公式では何歳なのだろうか? もちろん、19歳だよね。ルフィのことだよ。ロジャーの息子に決まってるでしょ。エースを生んだのはルージュではなくボニー。

1