1. まとめトップ

職場にいるウザい男(上司)の特徴

大人の対応が必要な職場とはいえ、ウザい男が上司だった同僚でいたら、不快で苛立っては疲れるばかりでしょう。特に上司が距離感が近く、セクハラまがいや人によって態度を変えるような器の狭い男だとしたら…職場の雰囲気がわるくなるどころか、売り上げにも響いてきそうです。

更新日: 2018年06月26日

4 お気に入り 4071 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・人によってコロコロ態度を変える上司

“上司の態度が人によって違う時は正直腹が立ちます。特に若い人や新人には甘く、付きまとっている感じが目立ちます。下ネタ交じりな会話も世間的にはパワハラ・セクハラなどと訴えられてもおかしくはないのではと正直感じます。 (20代)”

・自己中な上司

自己中心的な振る舞いをする上司はうざいと思われがちです。自分都合で指示を出して部下を動かす、全部自分の時間に合わさせるなど、一緒に仕事をしている仲間のことをまったく気にせず自分のやりたいようにやっているのです。
自分のやっていることは全部正しい、そう思い込んでしまっているので、悪びれることもないでしょう。

・上司の指示が的確ではなくコロコロ変わる

「Aをやっておいて」→10分後→「やっぱりBをやって」

このように指示が的確ではない上司はうざいと思われがちです。部下からすると非生産的な仕事を無駄にやらされた感じがしますし、的確ではない指示にいちいち従っていると疲れてしまいます。
さらに、上記の例でもっとうざい上司になると、「なんでAなんかやっているの?」と部下を責め立ててきます。

・役職で態度を変える

“一番嫌いなのが「役職」によって態度を変える人。二番目に嫌いなのが「やってもらうのが当たり前」の人。根底にあるのは「他人に敬意を払わない」「自分が特別だと思っている」点。
いい年をして、人に感謝もできず、かといって敬意も払わず、上品なふりして誰よりも下品。(40代

・やたらと距離感が近い

“態度の問題や体臭は論外だが、下ネタがやたら多かったりパーソナルスペースに侵入してくる人も苦手。セクハラだと騒ぐほどでもないし、職場なのでそう言った話題で盛り上げようとする意味が分からないし不快。(30代)”

・敵対心を向けてくる

プライドが無駄に高く、いわゆる「男尊女卑」な意識が強い男性は、職場の女性を極端にライバル視することが多々あります。

仕事ができる女性相手だと、その敵対心はメラメラと燃え上がり、「女のくせに」的な態度を見せてくるのです。こちらは意に介していないにもかかわらず、向こうが勝手に「ちくしょー」と苛立っている…

ハッキリ言って醜いですし、ターゲットにされた側としてはたまったものじゃありません。プライドを高く持つのは良いことですが、そのプライドを間違った方向に活かすのはアウトですね!

・ロクに仕事もしないで威張る

仕事はきちんとこなせないくせに、口だけは一人前。そんな男性が職場にいると本当にうざいですしイライラしますよね。

要領よくサボっては人に仕事をおしつけ、トラブルが起きたら言い訳を並べて逃げまくり。そのくせ無駄に態度がデカい!

・偉そうな上から目線

上司の上から目線、そして同僚からの上から目線。相手がどんなポジションであっても、偉そうな上から目線の態度はうざいですね。

何かを頼むにしても必ず命令口調で、相手に対する配慮が全くないのが特徴的です。「忙しいところ申し訳ない」「いつも助かるよ」という、ちょっとした気遣いの言葉があれば、それだけで印象は全く違うものです。

・周りを見ない

周りを見る力が異常に疎く、見ているのかいないのかも、よくわかりません。職場で、女子だけで話をしていてもどんどん、割り込んでくるおやじ連中や若手社員。あなた、今、お呼びではないですよ。

・ねちねちしている

仕事でもプライベートでもねちっこい人は絶対に好かれません。ねちねちしている上司は部下の失敗をいつまでも突っついてきます。さらにひどいケースは、過去の失敗まで持ち出して執拗に部下を攻め立てます。
完全なる性格の問題なので、人として信頼・尊敬されないでしょう。

・貧乏くさい

1 2