1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あの位置ゲームとはここが違う!妖怪ウォッチワールドが話題に

妖怪ウォッチワールドが配信され、気になるのはあの位置ゲームとの違いですね。ゲーム内容での違いから地図の精巧さまで違いに着目してまとめました。

更新日: 2018年06月27日

8 お気に入り 55191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる情報を一生懸命まとめました。

matomato2000さん

妖怪ウォッチワールド 配信開始

ガンホーとレベルファイブが共同で運営する『妖怪ウォッチ ワールド』が、本日6月27日よりApp StoreとGoogle Playにて配信開始されました。

妖怪ウォッチ ワールドは現実の日本を舞台に,スマホのGPS機能を活用して全国各地にいる妖怪を探し,集める妖怪探索位置ゲームだ。

最初からシリーズのほとんとの妖怪が登場し、各地方でしか手に入らない“ご当地妖怪”の要素もあるようだ。

妖怪ウォッチワールドがもうリリースされてたので早速遊んでみる

妖怪ウォッチワールド発表と同時にリリースかぁ。 そっかぁ。 ポケGOも最近起動してないけど、入れてみるかな。

位置ゲームだとポケモンGOと比較される!?

3vs3のオート攻撃+プレイヤーの任意で必殺技を使用する(プリンセスコネクトReや、ヒーローチャージのような)セミオートバトルで、『ポケモンGO』よりもRPG的なバトルが楽しめるようだ。

妖怪ウォッチワールド ポケモンgoよりもゲーム要素が強いため、やる層は絞られると思うけど、普段ゲームやってる身としては、こっちの方がプレイしてる感覚が強いと思う。Androidプレイヤーとしてはバックグラウンドがしっかりしてて嬉しい。ポケgoより地方民と都会の温度差は少ないかと。

妖怪ウォッチワールド システムはポケGOよりちょっと好きかも

妖怪ウォッチワールド自体は悪くないし、ポケモンGOとの差別化も上手くできてるからもしかするとヒットしてくかもしれんけど、今回の発表の仕方は正解だったのかと言われるとなんか違った気がする。

グーグル提供の地図情報がとても精巧と話題に

開発にはGoogle LLCも協力。Google Mapをベースに世界中の地図を使い、それをCGに落とし込んだ世界で妖怪探索を楽しめます

妖怪GOはポケモンGOと異なり、周りの街並みをCGで映すけど、バッテリー消耗が激しそうだな。

発表会にはGoogleの技術者も登場し、Googleのバックエンドを利用して高速にアクセスし、このゲームのために作られたGoogle Mapsの最新技術を搭載することでリアルな街を再現している

Googlemapが使えるので建物が立体だったりとリアル。位置情報ゲームって現実を使うのに画面の地図は平面でのぺっとしててみたいなのがあったけど妖怪ウォッチワールドは画面への没入感が生まれている。

「妖怪ウォッチワールド」のマップ、3D表示もできました。実際の建物の名前も表示されます。 pic.twitter.com/qjWbv3F5Ax

妖怪ウォッチワールドを軽くやってみた結果、表示される地図がさすがグーグルさんやでレベルでなかなかの精巧さ加減で、身バレも自宅・居場所バレもする可能性高いんじゃね?と思うのでスクショ上げる時は本当に気をつけないとあかんね。 ポケモンGOくらいの雑さで良かったのになと思わなくもない

他のプレイヤーとの共闘(憑依)が目玉!?

近くの妖怪を探すため、自分がいる場所でマップを“サーチ”。発見できる妖怪は、場所によりさまざま。新しい土地に足を運んだら、“サーチ”をする事を忘れずに!

周りのプレイヤーに自分の妖怪を「ヒョーイ」(憑依)させることができる。「ヒョーイ」した妖怪は、その人と一緒に移動して、新たな土地に。自分では行けない場所の妖怪を連れてきたり、お土産を持って帰ってきてくれたりするかも。

あ、妖怪ウォッチ遊び方わかるとなかなかw他の人に憑依して、自分が行かない場所に行ってもらえるの助かるwww

日本の各地に出現する妖怪を探してバトル。“自ら移動したり”、“他のプレイヤーに移動してもらったり”して妖怪を集めて、妖怪大辞典を充実させよう

妖怪ウォッチワールドは、憑依っていう機能で近くにいるユーザーに自分の妖怪を預けることが出来て、そのユーザーが動いた先で妖怪がゲットできるっていうのが、ポケモンゴーとの一番大きな違いかな。

1 2