子育てママ絶賛の「新生児フォト」が超かわいい♡

いま、生後3週間以内の新生児を撮影する「ニューボーンフォト」が話題になっています。メルカリでは撮影時の人気グッズが充実してたり、フォトテクニックを学べる関連書籍も登場したりとかなりの人気っぷり。このまとめではその人気のヒミツをまとめています。

更新日: 2018年07月01日

69 お気に入り 72892 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子育てママの写真トレンドが話題に

【流行の兆し?「ニューボーンフォト」の吸引力】 一瞬で過ぎ去る「新生児期」を残したい! : toyokeizai.net/articles/-/121… #東洋経済オンライン pic.twitter.com/j20SzN06lq

それが「ニューボーンフォト」。

産後、生後3週間以内の新生児を撮影する“ニューボーンフォト”を撮る人が増えています

小物や衣装などを駆使して可愛らしく演出し、撮影。

出産報告の際に親戚や友人などに送るポストカードなどに使われることも。最近では、SNSでの出産報告にニューボーンフォトを使う人も増えている

撮影予約は数ヶ月前からいっぱいに

「ニューボーンフォト」のプランを用意する写真館・カメラマンは日々増え続け、人気のカメラマンとなると、なんと数ヶ月の予約待ち

お雛巻になった子どもをプロに撮影してもらったり、小さな体を両手いっぱい広げた上に置いた写真を撮影したり、ニューボーンフォトのパターンは日々増えている

新生児フォトの人気アイテム♡くまさんのニット帽です( ˙꒳​˙ )b! | THE SHOP PEEP-PEEP buff.ly/1u22Cwx #BASEec pic.twitter.com/W4YcxNleQo

ネットショップでは人気グッズが取り揃えられている。

メルカリもニューボーンフォトグッズが充実しています。メルカリユーザーは、メルカリで買って、1日使ってすぐ売る、みたいな人が多くて、いいものが常にローテーションしている

おすすめの構図、あると便利な小道具、赤ちゃんのポージングにいたるまで「テクニカルなアート作品」に仕上げるための新生児フォトの撮り方を紹介

人気が高い部分は、赤ちゃんの足。足にママとパパの結婚指輪を持たせたり、ママの手をハートにし、その中に足を入れたりする技も

実はこの写真文化、海外では常識

欧米では、赤ちゃんが生まれると「バース・アナウンスメント」という写真付きの出産報告カードを送ったり、SNSで発信したりする習慣がある

新生児の赤ちゃんの記録として、スタジオなどでプロのカメラマンによって撮影される

そこには多忙すぎる社会の姿が

新生児期は1ヶ月という期間であり、この時期を過ぎると赤ちゃんの体は急成長し、筋肉や脂肪がつきはじめ、起きている時間も増え、新生児だけが持つ反応や特徴も消失してしまう

【あるママさんは…】
「ママ友の家に行った際、壁に貼られている素敵なニューボーンフォトの写真達を見て、撮影していれば良かったとものすごく後悔しました。」

生まれてから1ヶ月しかない新生児の撮影は慣れない育児で大変な時期かもしれませんが、息抜きにもなります

1