1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

◆小学校

この6年の間に基礎学力や最低限の社会性を身に付けていくことになる。

◆皆さんは小学校の頃はシャーペンを使っていましたか?

ほとんどすべての公立小学校で,低学年の子どもたちは鉛筆を使うように指導されており,シャープペンシルの使用は禁止されています。

のみならず、高学年もかなりの学校で鉛筆を使用するようにと指導されていると思います(あるいは高学年も強制かな?)。

◆この、そういえばなんでシャーペンは禁止なのかという謎

多くの方が疑問に思っていて、なかなか答えにたどり着けない「小学生シャープペンシル禁止の謎」。

シャーペンなら健筆を削ることもないですし、鉛筆みたいに何本も用意する必要はありません。

大人になっても謎だなとしか思えないわけですが、調べてみると、一応もっともらしいルールはあるらしいです。

◆シャーペンは40年程前に学校で使用されるようになりました

「高価だから」「芯が飛ぶと危険」などといった理由から、日本の教育関係者がシャープペンシルを敵視する向きもあり、学校での利用を禁じられることもあった。

◆まず、あげられる理由としては筆圧の問題

文字や絵を書き始めるお子様は、鉛筆を使うことで書くときの力加減やペンの持ち方を学びます。

実際シャーペンは筆圧の加減が難しく、筆圧の加減が苦手な人は中学高校でも鉛筆を使っていたりします。

また、シャーペンは芯が細くすぐに折れ、それが床に落ち、椅子や机や足で踏みこすり床が汚れます。

◆次に、シャーペンには様々な種類があります

児童にとって、新しい文具は好奇心の対象であり、また芯を削る必要がないシャープペンシルは便利かつ魅力的な文具である。

シャーペンに対しても疑問を持ってしまい「シャーペンはどういう仕組みで出来ているのか?」とシャーペンをバラバラに分解してしまう可能性があります。

◆また、鉛筆と比べてシャーペンは高価なもの

1 2