1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アルバイト先でトラブルも‥富山発砲事件で新たにわかってきたこと

富山市の交番で、警察官など2人を刺したうえ拳銃を発砲した事件、元自衛官の男は、事件前、バイト先であるトラブルを起こしていたことが新たにわかりました。

更新日: 2018年06月28日

2 お気に入り 5418 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●富山市の交番で、警察官など2人を刺したうえ拳銃を発砲した事件

26日午後2時ごろ、富山市の交番で男が警察官など2人を刃物で刺したうえ拳銃を奪って発砲。

警察官と警備員の男性が死亡し、容疑者とみられる21歳の男が心肺停止の重体です。

●事件の概要

・交番に男が押し入り、警部補や交番相談員を切り付けた

26日午後2時ごろ、富山市久方町の奥田交番に男が押し入り、持っていた刃物で稲泉健一警部補(46)や交番相談員を突然、切り付けました。

警部補は男性相談員と交番にいた。裏口がノックされた音に気付き、様子を確認したところ、刃物で襲われたという。

・小学校にいた警備員に向けて奪った拳銃で発砲

その後、男は交番を出て、およそ100メートル離れた近くの小学校にいた警備員に向けて奪った拳銃で発砲

男性の教職員は「さすまた」を持って警戒にあたった。ただ、校長は男が拳銃を持っていたことまでは知らなかった。

・この事件で、交番の所長と小学校の警備員2人の死亡が確認されたという

この事件で、奥田交番の所長・稲泉健一さん(46)が刃物のようなもので腹部などを数か所刺され死亡

また、小学校の警備員・中村信一さん(68)も発砲され、左肩などを負傷。病院に運ばれ、死亡が確認されました。

●容疑者は、警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体

県警によると、正門付近に駆けつけた警察官二人が発砲を警告したが、島津容疑者が刃物を持って走ってきたため発砲。

銃弾は左腹部に当たり、取り押さえられた時、二本の刃物を所持していたという。交番の裏口にも刃物が残っていた。

この事件で新たにわかってきたこと

●容疑者自宅の家宅捜索で複数のモデルガンを押収したことが判明

1 2 3