1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ほぼ確キター!…2018年秋以降の新型iPhoneはこうなるらしい

信頼性の高いリーク情報で知られるミンチー・クオ(郭明錤)氏がApple新製品についての報告書を発表。iPhone X Plus、第2世代iPhone X、廉価版iPhone Xの他、Face ID搭載の新型iPad、低価格のMacBook Air、新型Apple Watchなども。

更新日: 2018年06月28日

32 お気に入り 276872 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・高いリーク情報で知られるクオ氏が新たな報告書を発表した

アップル関連の確度の高いリーク情報で知られるのが元台湾KGI証券のミンチー・クオ(郭明錤)

KGI証券在籍時にAppleの未発表製品に関する予測を幾度となく的中させて「地球上最強のAppleアナリスト」とまで呼ばれるほど、Apple関連情報の正確さで定評がある

例年のスペシャルイベントの開催時期から推測すると、おそらく新型iPhoneと同時に新製品が発表される可能性が高い。

・2018年秋に発表される新型iPhoneは?

iPhoneは従来の予想と変わらずで6.5インチ有機ELの「iPhone X Plus」、5.8インチ有機ELの「第2世代iPhone X」、6.1インチ液晶の「廉価版iPhone X」(仮称iPhone 9)の3種類。

6.1インチ液晶モデルは、第二世代iPhone Xや「iPhone X Plus」よりも後に量産が開始されるが、2018年9月に発売される。

iPhone 9について、第1世代iPhone Xと同等の性能でノッチディスプレイを採用し、最安モデルは600ドルから700ドル(約6万6000円から7万7000円)という価格競争力の高い内容だと予想

廉価版iPhone Xはディスプレイに高価なOLEDではなく、より安価なLCDパネルを搭載することで価格を引き下げる。また、ディスプレイの3D Touchは廃止され、背面のカメラはシングル仕様になる。

・iPhone以外の製品は?

Face ID搭載の新型iPad、現在より低価格の新型MacBook Air、大画面化する新型Apple Watchが発売される。

iPad Proは10.5インチモデルが存在するが、端末からホームボタンの排除、ベゼルが極狭化することで、画面は端末いっぱいに広がり、画面サイズは11.9インチになると予想している。

iPadは横向きで使う機会が多い端末であるため、この状態でもFace IDをパスすることができるようになると予想している。また、顔認識は最大で4人まで可能であるという。

Apple Watch Series 4に関しては、筐体サイズは同じで、ディスプレイの表示エリアが少し拡大されるという予想。

・トリプルカメラは来年か

クオによるとアップルはトリプルカメラ搭載に向けた試行錯誤を重ねているが、まだ決定には至っていないという。

2019年のiPhoneでは、液晶ディスプレイモデルの出荷台数が有機EL(OLED)モデルを上回る。

2019年モデルのいずれかにトリプルレンズカメラが搭載されれば、Appleのサプライチェーンの収益を上向かせるのは確実。

・トリプルカメラには期待の声も

iPhone、トリプルカメラにするならボトムズみたいな配置がいい

次期iPhoneトリプルカメラになるのか…いいな…モノクロレンズ追加かな?

もし本当にトリプルカメラなら買う。そしてコンデジ常時持ち歩きをやめる。 "9月発売ほぼ確定の「新iPhone X」 著名アナリストが3機種を解説(Forbes JAPAN)" headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

・その2019年は「画期的な刷新がある」

1 2