1. まとめトップ

アメリカの刑務所は掘られるってマジ?約10%が被害に

現代の米国刑務所ドラマには、暴力的・性的な虐待シーンがほとんどある。入浴時に石鹸を落としたらヤバいぞ!という不快な冗談まで存在。刑務所の受刑者数は約210万人で、そのうち、1年間に刑務所内で行われた性的暴行は、報告されただけでも8210件に達しているという。

更新日: 2018年09月29日

5 お気に入り 77739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●本当に掘られる???

現代の米国刑務所ドラマには、暴力的・性的な虐待シーンがほとんどある為、米国の刑務所では「掘られる!」イメージが強くなっている。

入浴時に石鹸を落としたらヤバいぞ!という不快な冗談まで存在。

入浴時に石けんを落とす→拾おうとする→お尻が丸見えになる

●被害の殆どが男性受刑者

刑務所の受刑者数は約210万人で、そのうち、1年間に刑務所内で行われた性的暴行は、報告されただけでも8210件に達しているという。

男性の受刑者は、女性の受刑者よりも数倍の被害を受けている。

中西部の男性刑務所では、約21%が強姦・性的虐待を受けた経験があると言い、7%は現在の施設での経験だと報告した。

2006年の米国司法省の調査によると、報告された非同意的な性行為は2,205件あり、そのうち262件が立証されている。

●被害を報告出来ない苦しみ

刑務所の強姦は、単に性的欲求解消としてではなく、暴力で相手を支配したり、権力の維持、気に入らない囚人への体罰などとしても行われる。

その為、報復を恐れ、報告出来ない囚人が多数いる。

被害に遭っているのは力のない囚人が多いため、報告した事によりまた暴行される恐れがある。

刑務所内のレイプ撲滅に取り組む団体は、1年間に起きるレイプ事件は20万件以上と見積もっている。

全体の囚人のおよそ10%が被害に遭っているという。

●若い囚人や入ってきたばかりの新人ほど被害に遭いやすい

刑務所の受刑者の3.2%が、入所して12ヵ月未満に被害を受けている。

調査によると、成人用の刑務所に収容された少年は、少年施設よりも、性的暴行の被害者になる可能性が5倍高くなる。

さらに、成人の刑務所での少年の自殺率は、少年院の7.7倍。

元々同性愛者・両性愛者である囚人は一般の囚人より被害に遭う確率が高くなるという。

●看守が虐待するケース

1996年の調査では、18%が看守による性的暴行だった。

男子の約4分の1、女子の10分の1が、刑務所の職員に被害を受けたと報告している。

テキサス州にある外国人収容所では、ある男性看守が、数名の女性囚人に性暴力を加えていた疑惑が浮上。

その看守は、被拘禁者たちの釈放の際、女性たちが空港やバスセンターに移送されるのに乗じて痴漢行為を働いたとの疑いがもたれており、公務員暴行・違法監禁容疑で逮捕された。

さらに、少年院での看守による性的虐待の90%が女性看守によるものだというデータもある。

看守と囚人の性交は、同意であっても違法。

●エイズ感染のリスクは一般よりも高い

2008年12月には、合計21,987人からHIV陽性・AIDSが確認された。

1 2