1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

圧巻の星空に光る川…予約なしで夏の夜を満喫できるスポットが熱い

長野県の阿智村など2018年の夏の夜を満喫できるナイトスポットの中から、予約なしで気軽に行けるところを集めました。

更新日: 2018年07月07日

224 お気に入り 58027 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

花火もいいけどこんな夏の夜の過ごし方はいかがでしょうか?

nyokikeさん

▼日本で一番星が綺麗に見える村

日本一の星空が見れる阿智村へ 真夜中にドライブして、適当に車を停めて…空を見上げたら星が降ってきてた。 pic.twitter.com/9s4cbPsuQ0

夢を語ります。 次の彼氏とは 絶対に長野の阿智村 天空の楽園いく! やばくない?ここ。今テレビでやってたけど日本一の星空なんだって!! pic.twitter.com/cYE9mXMmk0

まずは、駐車場にある窓口でツアーチケットの購入を。大人・高校生2,200円、小中学生1,000円、幼児無料(ゴンドラ往復料金、ツアーガイド料を含む※税込)
※無料駐車場 約2000台あり。

環境省による全国星空継続観察で、「星が最も輝いて見える場所」第1位(平成18年)に認定された、日本一の星空の里「阿智村」。ヘブンスそのはらでは、今シーズンも「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」を開催

ツアーの舞台は、標高1,400mの高原にあるスキー場「ヘブンスそのはら」。スキー場が休止している4~10月のグリーンシーズンの間(梅雨の時期を除く)、ほぼ毎晩行われています。

ゴンドラ運行時間
上り18:30~最終19:30発(プログラムスタート20:00~)下り最終20:30

ヘブンス✨ステーションベガ pic.twitter.com/ZI7RAEuDkG

山麓にあるゴンドラの駅の名称は「ステーションベガ」。

山麓駅からナイトツアーゴンドラに乗車し、標高1400mの山頂駅へ約15分の星空遊覧。ゴンドラを降りると、星空ナイトツアーの案内板に迎えられます。

2018年7月、より夜空を楽しめるスポット「日本一の星空 浪合パーク」が誕生。標高1,200mの山間に立地しているので、星空観賞に適した環境で美しい星空を楽しむことができる。

星がめっちゃ綺麗な場所に 行きたいな・*・:≡( ε:)← 長野県の阿智村とか最高! 写真とか動画見てるだけで 感動するくらい綺麗~♡.*

星が降ってくるような満点の星空って、最近はほんとに見ていない。 昔はよく田舎のおじいちゃん家とかに行って見れたんやけどな。 「星の観察に適していた場所」の第一位に認定された阿智村にオープンする「日本一の星空 浪合パーク」に行って無心で夜空を見上げたいなー✨✨ travel.mdpr.jp/travel/1773662

▼燈籠流しと五山の送り火が同時に楽しめる絶景スポット

開催期間:2018年8月16日  受付/12:00~20:30、灯篭流し/19:00~21:00
料金:灯篭一基/1000円、水塔婆の追加/1枚200円

お盆の最終日に、精霊(しょうりょう)送りの行事として、灯篭流しが嵐山の渡月橋南側中ノ島公園で行われます。嵐山渡月橋南詰から、約6000から7000基もの灯篭が流されます。近隣寺院の僧侶により法要も営まれます。

お盆の十六日といえば「嵐山灯籠流し」と「五山の送り火」の2つが有名で、「嵐山灯籠流しに行けば五山の送り火もそこから見られる」という話を聞きつけ、嵐山へ行ってきました。

嵐山灯篭流しと大文字の送り火に行ってきたーー 大幅な遅刻かましたけど怒られへんくて良かった(笑) 笹まき麸食べて、お店の人にキャンペーンガールならんかって言われたり、灯篭流した後松尾大社へ。 送り火の鳥居が良く見えるスポットで、肉眼でハッキリと見えた!のに写真が残念…(笑) pic.twitter.com/EKIevAD5jR

▼「としまえん」のナイトプールでマッピングが楽しめる!

2018年7月27日(金)~9月2日(日)まで、進化系ナイトプールを楽しめるイベント『Toshimaen Singing Forest 2018 -Directed BY NAKED-』が開催されます。

本イベントは、新しい夏のエンタメ体験として定着しつつあるナイトプールを、光と音の演出によって盛り上げ、進化した夏のエンターテインメント体験を生み出すもの。

1 2