1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

この記事は私がまとめました

◆フリーランス

「フリーランス」は英語で「freelance」と書き、その状況で働く人を「フリーランサー(freelancer)」と言います。

一般的に「自由業」と同義で使われることが多く、個人事業主として登録して働く場合がほとんどです。

つまり、自らが持っている技能や才覚を提供する事によって、契約毎に仕事を行う形態の働き方の事をフリーランスと呼びます。

◆現在、日本にフリーランスは1000万人以上存在します

これだけの人数が既にフリーランスとしての働き方を選択していることになります。

満足度はノン・フリーランスに比べて非常に高く、その半数以上が満足の理由を「能力をいかせる」ことだと回答しています。

□フリーランスの『メリット』

◆時間に縛られることが無い

フリーランスで働くと、仕事の時間が格段に自由になるというメリットが期待出来ます。

朝、目覚めて……いや、昼かも知れません。とにかく起きてから寝るまで、全ての時間が自分の物になります。

フリーランスという働き方を選ぶと、得意分野を伸ばしながら、新たな仕事にチャレンジしやすい環境をつくれます。可能性もどんどん広げられますよ。

◆仕事を選ぶことができる

フリーランスは基本的には自分で仕事を選ぶことができます。つまり、やりたい仕事を選び、キャリアを作っていくことができるのです。

個人の関心よりも企業の利益を優先させられる会社員と違い、報酬が低くても、自分にとって有益なプロジェクトへ参画することができます。

一度フリーランスになった人は、仕事の自由度、裁量、内容、やりがいを含めて、 高い満足度を誇っており、 「会社員には戻りたくない」という割合は9割にも及びます

◆努力次第では収入の限界がない

収入源となる案件を選ぶ、支出となる経費をコントロールするなどお金に関して自分に決定権があります。

フリーランスは仕事の受注量を自分で決められます。頑張っていつもより多く仕事こなせば、それだけ収入が増えることになります。

□フリーランスの『デメリット』

◆社会的信用があまり高くない

会社員であればバックに会社という強い味方が付きます。なのでたとえば銀行からもお金が借りやすいですし、ローンを組んだり、住宅や不動産系の契約にも強いです。

誰かに雇用されているわけではないので、後ろ盾がないのです。銀行でローンを組むのも、クレジットカードを作るのも、フリーランスは苦労しやすいです。

1 2