1. まとめトップ

ゴールド・ロジャーは生きている?~ロジャー生存説を検証【ワンピース考察】

ゴール・D・ロジャーが生きているという説がある。ただ、肉体は死んでいるとしか考察できない。聖地マリージョアに封印されているという説もガセっぽい。

更新日: 2019年01月09日

0 お気に入り 6555 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロジャーが生きている説

24年前にローグタウンで皆の前で処刑されていた。
にもかかわらず、どういう道理で生きているという話になるのだろうか? 説の主張と根拠を挙げ、潰してゆこう。

説の概要を挙げる。
●「オレは死なねぇ」という台詞がある
●エースは子供の頃に「オレは死なねぇ」と言っており、意思とは考えにくい
●8歳のモモの助にはロジャーと会った記憶がある
●ロジャーの年齢は77歳だと作者から語られた
●ヒルルク、白ひげ、エースは享年と記されるが、ロジャーは処刑時53歳になっている

反証を語る。
●ローグタウンで処刑されたのに死んでいないというのは荒唐無稽
●ロジャーの死なねぇというのは、意思の話。
●魂がある世界なので、死なないという表現は可能。しかし、肉体は死んでいる。
●エースの死なねぇは強がりと、ロジャーの息子だと作者が誤誘導するセリフ。
 誰かに意思を伝達するまでは死なないという条件付きの話。エースの意志はルフィが引き継いだ。他の漫画にあったが「死なねえ」というのは、「(天寿を全うするまでは、この場面では)死ぬつもりはない」という意味でしかない。なにも1000年経っても生きているという意味ではないのだ。
●モモの助は単に時を超えただけ(玉手箱でドロンはある)


関連書籍で作者は「エースの復活を描くことは、ワンピース世界の崩壊であり絶対無理」と語った。差し当たり、エースが生きているという説は完膚なきまでに終了。

尾田トリックには「条件の中で縛り」という方式がある。ルフィが弱虫でなくなってさえいれば、別に生き続ける必要はないというカラクリ。(エースが嘘をついたことにはならない)

頂上戦争に駆けつけてくれたルフィを、もはやエースは弱虫だとは認識していなのだ。

光月一家おでん様の正体は人魚デンで生きている

海軍のおつるさん → つる
光月一家おでん様 → デン

デンの記憶(魂)がモモの助に移ったというのはガセ。モモの助の髪型とスケベさで玉手箱を使って大人になると考察できる上、そもそもデンは生きている。

デンにはクローバーの紋章ばかりなので、父親はクローバー博士だと考察。ポーネグリフを読めるところも共通。おでんは料理名なので、ビッグ・マムの息子で、11男だと考察。

一方、ソラは若返って生きている。
当チャンネルは誰でも死んでいる思考ではない。

ロジャーの年齢は77歳だが生きていればの話

出典iqune.com

確かに77歳だが、ガープ(78)、センゴク(79)、おつる(76)が併記されており、ロジャーだけ(享年53)と記しても、年齢対比にならない。つまり、生きていればを省略している。紙面の文字数制限で、もう文字を記すことが困難だからそうなったと考察。

作者の裏設定でロジャーが生きていると仮定すると、77と記すことによって、読者に今後の展開がバレることになる。そんなことで作者が展開をバラすとは考えにくい。死んでいるからこそ、読者が生きていると誤解したとしても、予想は当たらないカラクリだ。

ロジャーの能力はゴムゴム

出典ameblo.jp

あのゴムゴムの実を食べたなんて驚きましたとあり、かなり有名な能力がゴムゴムの実。そんな有名な人物で死亡しているのはロジャーくらい。いつ打ち切りかわからないような1巻の時点だし、なおさら。

約25年前当時、「ロジャー団のメンバーは悪魔の実を知らなかった」という主張は却下。バギーが悪魔の実を食った後に存在を船長ロジャーが知り、ゴムゴムを食えばいいだけ。

一方、約62年前にシュトロイゼンは悪魔の実の話をリンリンにしており、知っている人は62年前の時点で知っている。ロジャー自身は以前から存在を知っていたのではあるまいか。

そもそもビッグ・マムとロジャーは接触しているはずで、その時にリンリンの能力をロジャーは見せられている。

ロジャーが死んだからこそ、以後にゴムゴムの実が存在し、シャンクスは船長の悪魔の実を、ぜひとも手に入れたくて、東の海にいたという筋道が立つ。

ロジャーが封印されている説

聖地マリージョアに封印されているという説もある。
当チャンネルでは、支持していない。
理由は麦わらの持ち主はロックスで、ルフィの祖父(巨人)のものだと考察しているから。
ロジャーの麦わらは、シャンクスを介してルフィに渡っているのだから、マリージョアにある麦わらは全くの別物。

更には、仮にロジャーが生きているにしても、マリージョアにいるわけではないと考える。

まとめ

生きている根拠は、根拠になっておらず、一方では死んでいる根拠が多い。
よって死んでいると判断。(ゾンビとして蘇るとかは別問題で、生きているとは言わない)

死なねェというセリフは、目的を果たすまではという条件付きの話。

魂が生きているとすると、別にはそれはロジャーだけに限らないので、ルージュでも、ベルメールでも生きているという話となる。

ロジャーが復活しないという証明は無理だし、ラフテルでは魂・記憶が生きていて、ルフィと出会うという展開はあるかも知れない。しかし、肉体の死を死と解釈すべきで、現状ではロジャーは死んでいると考えるのが妥当。

なお、当チャンネルでは、別にロジャーは生きていてもいいと考えている。生きている説に根拠が足りないという話をしているだけだ。一方、エースは確実に死んでいるし、ロジャーの息子はルフィだと堅く構えている。当チャンネルとしては、ロジャーの息子がルフィだと読者に認識さえしてもらえれば、ロジャーの生死について押し付けるつもりはない。

作者は「ファンたちの中で、ロジャーの77歳に反応して、生きている説を語る人がいること」を知っており、その誤解を誤誘導に活用していると当チャンネルは判断している。

トリコでも、とっくに死んでいると思われた主人公の真の父親アカシアは生きていた。ポイントは主人公の父が生きているかではなく、主人公の父親が主人公の目標を達成しているという王道がワンピースに当てはまるという真相。

1