1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

youm00nvrさん

10位 伊右衛門シリーズ

伊右衛門(いえもん)は、サントリーフーズが製造・発売、サントリー食品インターナショナルが販売している緑茶飲料、および宇治の露製茶から発売されている緑茶である。名称は、製茶業の老舗である京都・福寿園の創業者、福井伊右衛門から[1]。

サントリー(2009年4月にサントリー食品として分社化)と福寿園のコラボレーションによって開発され、ペットボトルの緑茶飲料として2004年3月16日に発売された[2]。伊藤園の「お〜いお茶」、キリンビバレッジの「生茶」とあわせて、現在ペットボトル緑茶三大シェアの一つであり、シェアは2位である。コンビニエンスストアに関しては、シェア1位。通常版のほか「濃(こい)伊右衛門」や特定保健用食品指定の「特茶」、期間限定版などのバリエーションが存在する。

9位 爽健美茶シリーズ

爽健美茶(そうけんびちゃ)は、日本コカ・コーラが販売している清涼飲料水。1993年に「茶流彩彩 爽健美茶」として発売された。商品名は「爽やかに、健やかに、美しく」から。

原材料にハトムギ、玄米、発芽玄米、大麦、ドクダミ、はぶ茶、チコリー、月見草、ナンバンキビ、大麦若葉、明日葉、杜仲葉、ヨモギの13種類の素材を使用している。過去の製品には、CMソングにもあった通り「ハトムギ、玄米、月見草、ドクダミ、はぶ茶、プーアル、チコリー、緑茶、大麦、南蛮黍」(後にびわの葉も含まれる)がブレンドされていた。

8位 カルピスソーダシリーズ

カルピスソーダ(CALPIS SODA)は、カルピス株式会社(二代目法人)が製造し、アサヒ飲料が販売する乳清炭酸飲料。キャッチコピーは「白くはじけるカルピスソーダ」。

濃縮タイプの乳酸飲料であるカルピスは家庭内での需要が中心であった。しかし自動販売機の普及や生活様式の変化などから戸外でも手軽に飲める商品が求められていた。缶入り飲料として開発の際、単純に水で割っただけでは長期保存時に品質が劣化するため、炭酸入りでの発売となった。

6位 十六茶シリーズ

十六茶(じゅうろくちゃ)は、アサヒ飲料が販売しているブレンド茶飲料。その名の通り、16種類の素材を使っている[1]。ノンカフェイン飲料で、登録商標(第2028386号ほか)。元々はシャンソン化粧品が開発して1985年に発売し、1993年からは現在のアサヒ飲料との提携により、缶・ペットボトル入りの飲料として全国的に販売され、ヒット商品となった。ブレンド茶市場のシェアは26%程度[要出典]。

6位 紅茶花伝シリーズ

紅茶花伝(こうちゃかでん)は日本コカ・コーラが販売している紅茶のブランド名。

茶飲料全般のブランドであったSIMBA(神葉・シンバ)より、紅茶飲料のみ1992年2月に分化、販売を開始した。能の書物「風姿花伝」をもじったものが「紅茶花伝」という名前の由来。流通時の伝票上の略称はKK。KOCHAKADENというブランド名で製品を販売していた事もあったが、そちらは現在販売を終了している。

1 2 3