1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

謎は3巻で解ける!3巻完結で強烈な印象を残すミステリー漫画6選

1本の映画を見るような感覚で一気読みしてしまう全3巻のおすすめミステリー漫画です。

更新日: 2018年07月06日

94 お気に入り 25669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼『ピカロ』白瀬透

冴えないフリーライター・安住純が迷い込んだのは、 1984年の大阪…!? バブル前夜の浮かれた時代、その水面下では 今も語り継がれる昭和最大の未解決事件「オギリ・東亜事件」が 着々と計画されつつあった…!

これから起きる事件のことを知っているのは、 犯人と現代からやってきた安住だけ! 果たして、事件の真犯人は誰だったのか? そして、謎に包まれたその動機は?

今日の漫画 248+27日目 ピカロ 全3巻 1984年に起きたオグリ東亜事件 日本初の劇場型犯罪 そして いまだ未解決 さえないフリーライターが タイムスリップによって過去に 飛ばされる そこで 事件の真相を暴こうとするが・・・・ pic.twitter.com/BwdfpHK0Wa

ピカロ(白瀬透/BCスピリッツ)第19話。グリコ・森永事件をモチーフにしたタイムトラベルものと思いきや、五次元とかいう意外な方向に跳ねさせた。未解決事件をそのままなぞっても面白いわけないので、ここでようやく展開にうねりが出てきたところ。ここからどう持って行くか。しかし五次元とは

昨日本屋で見つけた「ピカロ」なる漫画、グリコ・森永事件を題材に事件発生2ヶ月前にタイムスリップした主人公が事件に絡んでいく。ピカロとは物語中の犯行グループの名前。はたしてあの事件をどう料理するのか?一巻目はまだほんの始まりに過ぎない。二巻以降で評価が分かれそう。

▼『ルームメイト』武富健治,今邑彩

大学生の春海は、下宿先を探す途中で京都から来たという麗子と出会う。勢いで「ルームメイト」となることになった二人だったが、あるとき麗子が失踪。春海は「ルームメイト」の正体を探るうちに、深い闇へと迷い込んでいく――

1巻無料中! 『#ルームメイト』 ルームメイトが突如行方不明に!?失踪の謎を追うためルームメイトの正体を探るうちに、深い闇へと迷い込んでいく――。 予測不可能な結末に驚愕する! #まんが王国 #おすすめ漫画 #武富健治 #今邑彩 goo.gl/q4dgHe" pic.twitter.com/FrPQaJNDs4

『ルームメイト』中巻(武富健治)が発売中!上巻のカバーが、謎を覗き込むようなイメージならば、中巻の工藤はガッツリ謎を掴もうとしています!そんなカバーのとおり、衝撃的な展開を迎える中巻!週末のおともに上巻からの一気読みもおすすめです! pic.twitter.com/7Iy1QJeYN4

スピリッツで連載中の「ルームメイト」が滅法面白い。 今邑彩さんの原作もさることながら、当初荒削りに感じた武富健治先生の漫画が、回を追う毎にもうこの人じゃなきゃダメだって思えるほど作品にマッチしてきて、たまらん。

▼『鉄民』菅原敬太

海と山に囲まれたのんびり平和な沙々来島。この島で生まれ育った主人公・滝沢実絽は高校に入学したばかり。怖がりで内気な彼女の平凡な日常は、島の一部の人間と入れ替わり平然と暮らしている「鉄民」という謎の存在を知ることにより、崩壊してゆく。

菅原敬太先生の「鉄民」 知らず知らずの内に自分の周りの人間が鉄民になっていく恐怖。 二転三転どころか五転ぐらいの急展開の連続でページをめくる手が止まらなくなりました。 最近凄く注目している漫画です pic.twitter.com/MZST3iddBS

鉄民って漫画がおもしろすぎる。 わたし少女時代にホラーMって雑誌が好きだったんだけど、再来かよと思った。あなたを探してたんだよ!

『鉄民』のスピード感ほんとスゴイな……。 一巻の時点で二転三転あって、正直、「次の巻ではペースダウンだろうなぁ」と思ってたんだけど、全然そんなことありませんでした! 息つく間もないスリル溢れる怒涛の展開……。この作品ほど、「先が読めない」って言葉が似合う漫画はないですね!

まもなく新刊が発売される鉄民!いや一巻のラストから気になってまして…。このミステリーコミックがたまらなく面白いのです。嗚呼、楽しみですっ。 pic.twitter.com/WlU5Bb7hUR

▼『さよならノクターン』永瀬ようすけ

都会から転校してきた中学3年生・染谷淳は、周囲と馴染めず鬱々とした毎日を送っていた。そんなある日、淳は同い年の少年少女たちと出会い、彼の日常は彩りに溢れていくのだが…?

日常と切り離された居心地のいいグループが、とある事件をきっかけに後戻りの出来ない共犯関係へと発展していく様子を描いている。

【ヤングエース最新号、本日発売】 永瀬ようすけ先生の新作「さよならノクターン」の第1話が掲載中! 田舎で中学生5人が廃墟で出会ってのんのんします。いや…しないか…。 kadokawa.co.jp/product/301503… pic.twitter.com/li0mmRPFje

いまやってる「僕だけがいない街」の次にくるって言われてるポップがたってる漫画があるらしいですよ!「さよならノクターン」っていうらしいですよ!? pic.twitter.com/hC4QBMA9wN

さよならノクターン1巻 読了 僕だけがいない街の次はこれ!と言わしめる理由が分かったマンガ。 中3というキャラクターの幼さと大人になりたい気持ちや、だからこそ出来る無茶な雰囲気 退廃的な街や日常が描かれていて面白い。 1巻の終わりに盛り上がりがあって先が気になる終わり方でした。

1 2