グリセリンなどをガソリンと混合し、ドロドロの油脂にしたものです。火炎は高さ3メートルに及び、一面が火の渦となります。

出典東京大空襲(1)-大量虐殺の序章:焼夷弾・ルメイ・ドレスデン – 太平洋戦争とは何だったのか

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカ軍が開発した殺人兵器『ナパーム弾』が怖すぎる!大量虐殺に使われる非人道兵器の残虐性

アメリカ軍が開発した『ナパーム弾』は、空気に触れると900度ほどになり、体に付着すると粘着性の為に取れません。人体・木材などに付着すると、燃え上がります。

このまとめを見る