1. まとめトップ

子供の外遊びに付き合うのが体力的に辛いママ達の対策方法

無限に思える子供の体力に付き合わされると本当に辛い。どうにか子供の体力を楽しくゴリゴリ減らしたり、ママ自体の体力を回復させる方法をまとめました。

更新日: 2018年06月30日

3 お気に入り 6793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

子供の体力は無限とも思えるほどです。しかも電池が0まで完全に燃焼してくれます。そんな体力オバケの子供に本気で付き合うのは体力が持ちません。子供も楽しくママも楽にできる対策方法を紹介します。

hime8765さん

子供の外遊びに付き合うのは本当にしんどい

幼稚園実習死ぬほど疲れるし終わったら干物みたいになるけど、自分が将来お母さんになった時に活きてきそう 外遊びの時間ながすぎーの休憩0なんはほんま耐えてないけど pic.twitter.com/acgRclxxeF

暑くなってきて外遊び疲れるから4歳児16時に昼寝しだしたな(白目)

RT @koorinono: あとね、体力がね、体力がないよ。子供についていける体力が。30代40代、まともにダッシュ出来るか、子供の外遊びに付き合えるかどうか。 あと、腰痛やなんやかんや出たり。ボロボロの自分のメンテでしんどい中、こどもの世話ってめっちゃしんどい。。。 htt…

体調があんまりよくなくて、午前中に病院行ってからずーっと家なんだけど、頑張って動こうと思えば動けるから、一回も外遊びに連れて行ってない息子に申し訳なくて…。でもしんどいから休みたいっちゃ休みたい…。でも息子一回も外で遊ばせないのも…ってぐるぐる考えている…

@usagifukurou7 どこのパパも困った人たちだ。 いたら外遊びとかしてくれるけど、それでも息子は制御不能で私はしんどいし…ため息出ちゃう。

子供のためとはいえど、体力オバケと付き合うのは骨が折れる人が沢山です。
特に30代40代のパパママさんはシンドイ…。

子供を疲れ果てさせるためにプールに通わせた

生後7ヶ月からベビースイミングをはじめました。ベビースイミングをはじめて目的は、プールで泳いで疲れさせぐっすり寝てもらうためでした。はじめた頃は、30分も水につかってはいられず、帰宅した後はヘトヘトでぐっすりねてくれました。

スイミングは怪我もしにくいし、熱中症の心配も少ない、東大入学者の多くが水泳に通っていたといわれるくらいおすすめの運動です。
小さいうちから通わせることができ全身運動なのでヘトヘトにさせることができます。
ただし体力がつくとさらにフィジカルオバケになるのは注意です。

自宅でトランポリン

子供の頃欲しくても買ってもらえなかったトランポリンを子供の為に購入しました。

楽しく遊んで欲しいのはもちろんですが、トランポリンには様々な効果があるようです。


・運動神経が鍛えられる・・・空中で身体をコントロールする力が身に付く

・脳が鍛えられる・・・同じ場所に着地しようとする為、脳に刺激が与えられる

・脚が長くなる・・・上下に圧力がかかる運動は脚を成長させる


などなど

自宅で疲れさせるならトランポリンがおすすめです。
全身運動、省スペース、夢中で楽しめる。
ただ集合住宅の場合は騒音に注意です。

知育で子供の脳を疲れさせる

たとえば100円ショップなどで画用紙とクレヨンなどを買って来て
お絵かきしてみようっとか、塗り絵をしたり、いろんな教材も今は本屋にありますよ
じっくり座ってひとつのことをすることも教えてみたらいかがでしょうか?
女の子ならクッキーの生地を作って型抜きをするのも喜びますよ
家の中でも楽しめることを教えるのもひとつですよ

体力ばかりが疲れさせる方法ではありません。
頭を使わせることも重要です、お絵かきやパズルなどあまたを働かせる知育アイテムで夢中にさせてあげましょう。

外遊びにはちゃんと付き合うけど食事は手抜き

私の場合、買い物はパルシステムとイオンネットスーパーで宅配。調理はほとんど湯煎とレンジ。「ママの料理はチンだよね」と子供に言われてもへっちゃらです。
産んで育ててあげてるだけで感謝しろ!旦那は仕事で忙しくて家事や育児に協力できない分、手抜き料理やほこりには目をつぶれ!
くらいに開き直って乗り越えました。

全て完璧を目指すのではなくて、できないときは楽なものに頼るのも育児のコツです。
多少旦那の食事が雑でも問題ありません。

疲労回復サプリメントで今を乗り切る

肉体的な疲労を取るためには

アミノ酸
クエン酸
ビタミンB群
疲労を回復する、翌日に持ち越さないためには上の栄養素は必須です。

用途とすればエネルギー代謝を司る歯車を正常に回すための栄養素といっていいでしょう。

食事で補いきれない栄養素は、サプリメントで補い身体の代謝を正常化してみましょう。

ちゃんと続けると「あれ?なんか今日調子いいかも」という日が続きます。

子供と一緒に昼寝

午前中家事を済ませて10時過ぎから外遊び→昼食後1~2時間昼寝→4時から6時まで外遊び です!子供達の昼寝の間に一緒にちょこっと寝て体力回復させます。

体力回復させるのに一番効果があるのは昼寝です。
たった30分うとうとするだけでも身体に活力が漲ります。
海外ではシエスタとも言われており、昼寝は生活の一部として取り入れられてます。
最近では会社でもお昼寝時間を設けているところもあり、睡眠の重要性が注目されているのも現代社会の大変さを物語っているのではないでしょうか。

まとめ

体力オバケの子供とまともに付き合うと自分の体力が持ちません。
適度に手を抜いて付き合うようにしましょう。
怪我がなくて、子供が楽しいく育っていればOKくらいの感覚でいきましょう。

1