1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

終わって寂しい!最終巻が発売となったマンガまとめ!【2018年7月】

2018年7月に最終巻が発売となり、完結となった漫画をまとめました。(僕らはみんな河合荘、私は君を泣かせたい、棺担ぎのクロ。~懐中旅話~、しょぼしょぼマン、イノセントデビル、ナンバカ、ちちこぐさ、セブンティウイザン、北斎のむすめ。)

更新日: 2018年07月29日

59 お気に入り 117979 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『僕らはみんな河合荘』 宮原るり

親の転勤により、一人暮らしをすることになった宇佐くん。だが彼の新しい住居は奇人変態ばかり。だが、憧れの律先輩もそこにいて…

宮原るりの『僕らはみんな河合荘』は読む前の印象をいい意味で裏切ってくれたな。女性作家の描く下ネタでここまで面白いと笑ったのは初めてだ。くどさが無く、それでいてちゃんと青春ラブコメして律っちゃんがドチャクソ可愛いし、麻弓も彩花も住子さんもそれぞれ可愛い。よくあんだけ引き出しあるわ。

最近ハマってる漫画「僕らはみんな河合荘」。下ネタ(コメディ要素)が大半を占めたラブコメ漫画。コメディとしても面白いし、恋愛漫画としても面白い。買って損はないからオススメる。 pic.twitter.com/SHjkpDVyPv

僕らはみんな河合荘次で完結か。。。 好きな作品が完結するのはちょっと寂しいね。

◎『私は君を泣かせたい』文尾文

君の涙が、私の心を融かしていく―。他人に弱みを見せない優等生と、自分を隠さない不良少女。決して出会うことの ない2人を「涙」が繋ぐ。

文尾文先生「私は君を泣かせたい」1巻読了。 これすごく面白い! 不良少女と優等生の百合、高校、日常系とわりとありがちな設定のみだけど、人物の内面が少しずつ明かされていくのと同時に二人の関係が変わっていく描写が実に鮮やか。 二人の関係性をもっと見たいと思わされる手腕に感服の至り。

『私は君を泣かせたい』、あらすじだけ読んでダウナー系共依存百合を想像してたけど実際読んでみたら爽やか友情漫画でした。面白いです。

私は君を泣かせたい、仮面優等生×泣き虫ヤンキーという設定の良さに加え、関係性の深化がすごく丁寧でめちゃめちゃ好きな作品であったので単純に寂しいですね

◎『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』 きゆづきさとこ

きゆづきさとこ作品は4コマなのに密度高くてめちゃくちゃ面白いからおすすめだよー 美術科のJKがわちゃわちゃしてる明るいのがGA芸術科アートデザインクラス、魔女を探す旅人のダークな感じなのが棺担ぎのクロですよろしくね!

棺担ぎのクロ面白いなあ。萌4コマでじっくり読ませる漫画なんてそうそうない

棺担ぎのクロの最終巻がついに出る… うれしいけどなんだか寂しい。

◎『しょぼしょぼマン』 いちかわ暖

戦う大豆しょぼしょぼマンは、しょぼくてもがんばる落ちこぼれヒーロー。しょぼ君の周りで、同居人のみのる君、黒大豆のわる君、ヤンキー君を中心に、あったかくて優しい世界が紡がれる。

しょぼしょぼマンを友達に布教するのだ☀️ ほんと、面白いし、かわいいんだから!

アニメと漫画が好きな妹に「『しょぼしょぼマン』面白いで~。めちゃかわいいで~」と勧められて読んでみた。ふーん、BLを匂わせたギャグマンガか。赤ちゃん言葉でしゃべる大豆とは意味不明な……と気乗りしないで読み始めた漫画には必ずはまる法則でもあるのか。ほんまかわいいな。

明日しょぼしょぼマン4巻発売だからメイト行かねば。3年後の話とか楽しみ~しかしこれで終わりとは寂しいな。

◎『イノセントデビル』 中村基、宗一郎

世界を震撼させたシリアルキラーとは別ベクトルに存在する犯罪者群「イノセントデビル」。無邪気な悪魔といわれる犯罪者の心の深淵に、犯罪心理学者と助手の美少女コンビが迫る。

『イノセントデビル』1巻 「殺人鬼が世界を救う」というセンセーショナルな煽りと表紙が気に入った。 ガンガンJOKERの「売れる漫画」を出そうとする姿勢がとても好き。批判も分かるけどでも面白いよねと言いたくなるターゲットが分かりやすい明快な話でした。 重版おめでとうございます。 pic.twitter.com/BEeCgJrEvz

イノセントデビル凄い良い絵も綺麗だし読みやすい やっぱガンガン系って面白い作品多い

イノセントデビル連載お疲れ様でした!更新されるのが本当に楽しみで終わるのは寂しいけど…感動をありがとうございました!

1 2