1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界が祝福!長崎・天草の「潜伏キリシタンの文化」が世界遺産に登録

国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で世界文化遺産に登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に続々とコメントが寄せられました。

更新日: 2018年07月01日

28 お気に入り 15136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「潜伏キリシタン文化」の世界遺産登録に続々とコメントが寄せられました。

nyokikeさん

▼「潜伏キリシタン文化」が世界文化遺産に登録された!

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産、世界遺産に正式決定!バーレーンで開催中の世界遺産委員会にて。 7月8日(日)午後6時からの放送で緊急特集します。お楽しみに! #世界遺産 #長崎 #天草 #キリシタン #世界遺産委員会 #バーレーン pic.twitter.com/UqPaPUCIqf

30日にバーレーンであった国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で世界文化遺産に登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)。

日本で18件目の世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、長崎市の大浦天主堂や潜伏キリシタンの集落など12の資産で構成。

キリスト教が禁じられていた17世紀から19世紀の2世紀以上にわたって密かに信仰を守り続けた「潜伏キリシタン」が育んだ独特の文化を示す遺跡群。

【祝!佐世保市初の世界遺産】6月30日(土)に開催された「第42回世界遺産委員会」で<長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産>が世界遺産に登録されることが決定しました。関連遺産には佐世保市の「黒島の集落」が含まれており、佐世保市で初めての世界遺産となります。 city.sasebo.lg.jp/kyouiku/bunzai… pic.twitter.com/d5wNVsn1bg

登録の理由としては「17世紀から19世紀にわたる禁教政策の下で、ひそかに信仰を伝えた潜伏キリシタンにより育まれた独特な宗教的伝統を物語るほかに例を見ない証拠である」としています。

12の構成資産のうち2つがある長崎県平戸市では、潜伏キリシタンの末えいの住民が禁教時代から受け継がれてきた「オラショ」と呼ばれる祈りの言葉を唱え、世界文化遺産への登録決定を祝いました。

・「潜伏キリシタン」と「隠れキリシタン」の違いは?

〈潜伏キリシタンとかくれキリシタン〉 一般に、江戸時代の禁教下でひそかに信仰を守り抜いた人々を「潜伏キリシタン」、明治になって禁教が解かれた後もカトリックに復帰せず、潜伏期以来の儀礼や行事を守り続けてきた人々を「かくれキリシタン」と、便宜的に呼び分けている。「かくれ」「隠れ」「カクレ」など表記は研究者によって異なる。

「五島キリシタン史」(五島市世界遺産登録推進協議会)によると、昭和40年代頃の五島列島の「かくれ」人口は推計1万5千~2万人。現在は、信仰組織のほとんどが解散したという。

▼潜伏に至るキリスト教の略歴

ご存知の通り、1549年に鹿児島に上陸したイエズス会士のフランシスコ・ザビエルは、平戸・山口・京都・大分と布教をします。ザビエルは日本人の能力を高く評価し、日本での布教を重要視しました。彼の依頼により、宣教師たちが次々と来日。

天正遣欧少年使節も長崎から出発している。

秀吉が禁教令を発令した目的には諸説あり、「外交権、貿易権を自身に集中させ国家としての統制を図るため」「九州で日本人の奴隷売買が行われていると知り、それを禁止させるため」「キリスト教徒による神社仏閣への迫害」などがある。

【速報 天草の崎津集落が世界遺産に】ユネスコ世界遺産委員会は、崎津集落(天草市)など12資産で構成し、江戸時代以降のキリスト教禁制と独自信仰の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本)の世界文化遺産登録に決定。#世界遺産 #天草 pic.twitter.com/iLVsof8arQ

潜伏キリシタンは、江戸幕府による全国的なキリスト教禁教令(1614年)から長期にわたり、カトリック由来の信仰をひそかに続けた。背景には、幕府側の黙認とキリシタン側の秘匿があったとされる。

カトリック信仰は、16世紀頃の大航海時代に世界に広がった。植民地と異なる日本の特異性について、推薦書は「キリスト教を植民地化の脅威とみなし、その排除を行う中央政権の政策下に民衆の間でひそかに継続した」との見解を示す。

かくれキリシタンは禁教令が解かれた後もカトリックに復帰せず、潜伏期の信仰形態を維持した人々。今も長崎県内に組織が残る。

▼長崎県出身の福山雅治も喜びのコメント

今年2月、長崎県ブルーアイランズプロジェクトのナビゲーターに就任し、5月上旬には構成資産の一つである五島列島の「久賀島の集落」も訪れた福山は「『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の世界遺産登録おめでとうございます。長崎の様々な歴史を知ることでこれからの人類の平和にも繋がっていく。今回の世界遺産登録は、そのきっかけを与えてくれることになるのではないでしょうか」と期待を寄せた。

▼今回の決定の舞台裏がほんわかしたものだったようです

ユネスコ議長「残り21件も審議が残ってて時間がない。反対意見がなければ文句なしで登録ね。」 スペイン「待て!一言言わせろ。日本おめでとう!」 その他の国「俺にも言わせろ!コングラッチュレーション!」 議長「(# ^ω^)(時間がないって言ってるだろ)」 大体こんな感じで登録されました。

教会は信者の方にとって、神聖な場所であり、祈りの場です 教会を見学される方は、長崎の教会群インフォメーションセンターへの事前連絡と見学マナーの遵守が必要です 詳細は下記URLでご確認ください。 #長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 #拡散希望RTお願い致します kyoukaigun.jp/sp/

▼Twitterからは潜伏キリシタン文化の世界遺産登録を祝うコメントが続々

1 2