1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆決勝トーナメントの1回戦、ウルグアイ対アルゼンチン戦が行われた

初代王者ウルグアイと、初優勝を目指す欧州王者ポルトガルの好カードが実現した。

◆前半の序盤、早くもゲームが動き始める

スアレスは左45度の位置にカットインすると、ファーサイドに向けてシュート性の弾丸クロスを放ち、そこに走り込んできたカバーニがヘディングで決めた。

◆しかし、後半10分に、ポルトガルも意地を見せる

後半10分、左CKを獲得すると、ショートコーナーからDFラファエル・ゲレイロが左足でクロスを供給。C・ロナウドの背後に飛び込んだDFペペがヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻した。

グループリーグのモロッコ戦とは中央が逆の関係になった一撃で、ポルトガルはウルグアイに今大会の初失点となるゴールを奪って1-1の同点に追いついた。

◆しかし、ポルトガルの前に、再び立ちはだかったのはカバーニだった

後半17分、GKフェルナンド・ムスレラのロングキックからスアレスが競ったこぼれ球をMFロドリゴ・ベンタンクールが拾って、横へパス。

◆ポルトガルは反撃を見せるも、万事休す

ポルトガルは結局、再度の同点ゴールを奪うだけの攻撃を見せることはできず、このままウルグアイが2-1で勝利を収めてフランスとの準々決勝に進出した。

直前のゲームでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、フランスに敗れて大会から姿を消したが、サッカー界のベストプレーヤーを競う双璧であるロナウドもまた、

1 2 3