1. まとめトップ

【Twitterで話題】やっばり学校おかしいよ【ブラック校則、運動会】【違和感感じていいんだよ】

学校に社会の問題が集まって来てしまってる。だって弱者である子どもたちが通う場所だからね。だからこそ大人が、行動していかなければならない。子どもに任せるのはおかしい。校則 #ブラック校則いじめ

更新日: 2019年03月21日

1 お気に入り 8996 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fu_fu2527さん

”現状のように数少ない教員で子どもを管理しようとすると、刑務所みたいにガチガチにルールで縛って管理するしかない。” そして管理するのに有効なのは「恐怖」と「罪悪感」だ。 どうすれば効果的に集団を管理できるかに必死になる教育機関。 存在の目的からしてずれてる。 news.yahoo.co.jp/feature/1215

ヤフコメ見ると体罰がしつけになると思ってる人多いけど、体罰から子どもが学ぶのは「理由があれば人に暴力をふるっていいんだ」ってこと。 親の体罰禁止、法制化=虐待防止で法改正案決定(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-…

虐待事件に関連して、「DVの本質は暴力ではなく支配です」って解説が広がっているのだけれど、学校って教育機関というより支配機関になっていると思う。物理的暴力や言葉の暴力による支配、内申書による支配、黙食・黙動・無言清掃といった不合理な沈黙による支配とか、ともかく「支配」だらけだよね。

1/2成人式やめてほしい。 悲しむ人がいる儀式って何だよ。 やるなら 「10歳まで生きられておめでとう!これからも生きてくれ!大人は全力で君らをサポートするぞ」 って、緊急連絡先や相談ダイヤル一覧みたいなの渡すとか、 祝福と安心だけを渡したいよ。

校則って、公開されてるべきだと思う。学校のHPで。そうやってる学校ってあるだろうか?茶髪だめで地毛証明書必要とかそんなルール知らず入学して入ったら拘束されるなんて理不尽の極み 理不尽なルールと闘って変える経験をこそ子どもにはさせるべき。理不尽ルールをただ我慢させるのは有害すぎる

日本の学校、進歩しなさ過ぎ。どこを押せば大きく進むのだろう...。 「給食中は私語一切禁止」学校を取り巻く“不自由”の実態 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) dot.asahi.com/aera/201812030…

「体罰」を禁じることで若者の暴力性が劇的に減少することが88カ国40万人を調査した研究で示される - GIGAZINE gigazine.net/news/20181030-…これだけ多くの国が対象に含まれているのに日本が入ってない…

体罰を法律で禁止したスウェーデンは、全ての牛乳パックに「暴力を使わない育児法に関する情報」を印刷しています。 スーパーや家庭など、育児中の多くの人の目に触れ効果絶大。

来年度の役員決め。免除希望には理由が必要とのこと。「ご自身の病気」のあとに病名を書くような欄があるようにしか見えないのだが、そこまで書かなきゃいけないの?私は難病なんですが周りには言ってません。言わなきゃいけないの?PTAにそんな権限あるの?#PTA #拡散希望 pic.twitter.com/jK67gn1QPn

@btSfxOEnUBOmiBu @sakudake 私も毎年、役員決めで理由を書かないといけないのはいつも疑問。私の主治医に話したら『個人情報保護について何も記載がないから、書かなくていいよ。必要な場合は診断書提出として。その時に個人情報保護についてはつめる』と言われて、5年くらいそうしています。まだ一度もしていません。

制服てホント機能性ゼロだよね。薄っぺらくて断熱防寒機能ナシで白いから下着透けるし女子は冬もスカートで極寒だし。そして着心地は悪い。なんか特に肩とか脇のあたりがガキーンてなって自由に動かせないよね。ホント誰得なんだよ。業者得か。理解理解。

現役の中高教師のうち70%が「勤務している学校の髪型校則に疑問を感じている」というアンケート結果。 生まれつきの茶色い髪、黒くしないと校則違反?教師の本音は87%が「髪型校則変わっていくべき」 huffingtonpost.jp/entry/pg-hairw…

入学式も卒業式も祝われるべきは子ども達なのに、なぜその彼らが必死こいて大人達に出し物を披露しないといかんのか 結局やってくる大人達を喜ばせるための式でしかないからだろ

卒業式の練習で娘が疲れ果てて帰ってきた。かなりご立腹で学校に対する暴言が止まらない。練習中、少しでも動いたり欠伸したりする子がいると先生方の怒号が飛び交うのだとか。「先生に恥をかかせるなー!」という言葉にいちばん頭にきたようで、誰のための卒業式よ!と怒り心頭の様子。

日本の卒業式の文化はもっと簡略化できないものでしょうか。在校期間中に一度も関わったことがない来賓の方々の社交辞令的な話を何度も起立して礼して着席しながら聞く時間は、生徒にとって不毛な時間でしかありません。卒業式のための練習というのも非生産的な時間です。式自体の目的が行方不明かと。

今日妹が国語のワークを忘れただけでこれさせられてた。 ここまでする必要ある? 確かに妹が忘れたのも悪いけどこんな事する必要がない。 ちゃんと勉強させた方がいいと思う。 訴えてぇぇえええ(_`Д´)_クッソォォオオ #拡散希望RT pic.twitter.com/yAqPyakfbx

合宿が嫌いなのは、四六時中一緒をにいることで、みんな疲れてきて、お互い気遣いする余裕がなくなって、いつもなら見なくて済む本音とか文句とか見なきゃいけないこと。 自分の心の余裕がなくなった状態で人と関わらなきゃいけないのも嫌だ。

これが世界一学力の高い国フィンランドの学校の考え方か。 めちゃくちゃおもしろい pic.twitter.com/U1FX8qSO2b

高等教育機関入学者の平均年齢。 日本は18歳だが,スイスやデンマークは25歳。社会に出てから大学に入るのですよ。 pic.twitter.com/Of9hQjMShw

オランダの教育視察の際、教室内にノートパソコンや電子黒板が完備されていた。 私「ICTがすごく充実していますね」 オランダの先生「日本は充実してないの?」 私「まだまだ進んでいませんね」 オランダの先生「本当に!?てっきり日本は技術大国だから、オランダよりも進んでいると思ってたわ」 pic.twitter.com/9fpGq3sxFu

子供に「学校なんて行かなくていいよ」って言うのは簡単だけど、じゃあ行かなくなったことで子供が失うあらゆる機会をどう補うのがっていうと、一般的にはほとんど母親に一任されがちなのだ。子育ての最前線にいない人ほど簡単に「行かなくていい」と言うのはここに想像力が働かないからかも。

学校って本質的には勉強も人付き合いも生活も色々まとめて体験させてくれるありがたいところで、だからこそ行くのがしんどくなるのもわかるんだけど、学校に通わせず、学校の持つ機能を細分化させて個別に体験させるとなると選択からスケジュールからそりゃもー大変ですよ。

あ、でも学校の機能をせめて2箇所に分散させて月水金と火木土で子供たちをそれぞれ別の場所に通わせると、少しは今学校が抱える閉塞感がなくなったりしないかなぁ。

卒業式練習に10時間使うだと⁉︎ みんなが同じタイミングで立って、礼して、座る。その為のタイミングや、きっかけを全員で覚えて、全員で同じ所作をする為の練習。加えて国歌、校歌、式歌などの練習で合計10時間使う。 はっきり言わせてもらう。 バカじゃないか?

「学校の清掃を、児童・生徒の義務とするのは児童酷使では?」と指摘すると、「自分の使ったものをきれいにするのは当然」って声が来る。 でも、本来、公共施設の清掃は、施設管理者の負担。子どもは「教育」を受けに来ているわけで、その対価を子どもに要求してはいけないはず(義務教育の無償)。

確かに「掃除のやり方」を子どもに教えるのは大事だ。しかし、それはあくまで「教育」としてなされるべきであり、家庭科の調理実習のようなものでないとおかしい。 清掃ボランティアを募るのは良いが、やりたくない子どもへの強制は、児童酷使だろう。強制は「掃除=嫌なこと」との認識を生む。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11