1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼中島美嘉の名曲『雪の華』

『雪の華』は03年10月に発売され、約5カ月にわたってランキングトップ100に入りました。

同曲はこれまで徳永英明(57)、森進一(70)、華原朋美(43)、中森明菜(52)、藤井フミヤ(55)ら名だたるアーティストがカバー。

そんな同曲が来年映画化

【動画】映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉のラブソングを映画化 - フィンランドが舞台 - fashion-press.net/news/37713 pic.twitter.com/32ofMx3YoH

ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうでまっすぐな青年・綿引悠輔と、幼い頃から病弱で余命宣告を受けながらも憧れの地のフィンランドに行くことを夢見る平井美雪の物語が描かれる。

今も多くの人に愛される冬の名曲“雪の華”が彼らの手によって、どのように映画化されるのか期待が高まる。

発売から15周年を迎える楽曲が映画化され、中島は「知ったときはびっくりしましたが、良い曲というのは時代を超えるんだなということを今、改めて感じています」とコメントを寄せた。

歌の映画化、昔からあったよね。最近だと一青窈のハナミズキ。 ⚡️ "中島美嘉さん『雪の華』が映画に登坂広臣さんと中条あやみさん主演" twitter.com/i/moments/1012…

▼GReeeeNの大ヒット曲

2007年5月16日発売。作詞、作曲はGReeeeN本人が手掛けている。

GReeeeN初のラブソングでオリコンデイリーチャート1位、週間シングルチャートで2位、着うた・着うたフルを合わせたダウンロード数は525万件以上を記録。

2019年に映画化されることが決定

本作はGReeeeN自身が「愛唄」に込めた思いを新たに描く、あらゆる愛の形を表現した物語。

昨年公開された映画『キセキ ―あの日のソビト―』に続く、GReeeeN楽曲を映画化するプロジェクトの第2弾となる。

脚本はGReeeeNと清水匡が担当。主演は『キセキ ―あの日のソビト―』にも出演した横浜流星が務める。

本作について4人は「この映画を観てくれた方にきっと輝いて欲しい、ずっと恋をして欲しい、いまを生きて欲しい。そんな想いを清水匡さんとタッグを組んで脚本にしてみました」

横浜流星は「、とてつもなくプレッシャーや責任を感じていますが、それ以上に幸せな気持ちでいっぱいです」とコメントしている。

ああああああああぁぁぁ 愛唄(映画)が楽しみすぎるよ。。 もっと知られていいとおもうんだよね。 小さな恋のうたが映画化するとはメディアがだしてるけどなんで愛唄は全然でないんだろ。 大ヒットしてくれると思うんだけどな、!!

▼MONGOL 800の名曲と言えば

1 2