1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●近年、介護従事者へのセクハラ被害が増加している?

介護現場で働く人たちのハラスメントの実態調査を通じて、介護従事者が、犯罪にも発展しかねない酷い労働環境に置かれていることを指摘

●4月の調査では、介護従事者のセクハラ被害が3割に上る

UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU・久保芳信会長)は4月27日、ハラスメント調査の中間報告を公表

介護サービスの利用者やその家族からセクハラを受けたことがある介護従事者が約三割に上る

・ハラスメントの被害は、圧倒的に女性が多い

介護サービスの利用者やその家族からハラスメントを受けた人は73.5%(775人)で、女性の31.5%(286人)、男性の12.2%(18人)がセクハラ被害者。

介護や医療の従事者が受ける性的嫌がらせや暴力など、その人権や職域を侵害するような環境や言動のことを、“ケア・ハラスメント”という。

上司や同僚に相談後も状況が変わらないケースが多く、介護従事者をハラスメントから守る事業者の対応を求める声が多い。

●6月のハラスメント調査では、74.2%がセクハラやパワハラ被害を受けていると判明

回答者の74.2%が介護サービスの利用者・家族からセクハラやパワハラを受けていることがわかった。

●主なセクハラの事例

セクハラの内容は「不必要に接触をはかる」「性的冗談を繰り返す」などが多い。

ある訪問介護の女性介護員は「利用者の息子(70歳位)に手を引っ張られ、寝室に連れ込まれて体中を触られる。逃げて退室した」という。

ほかの介護員も、「布団に横になっている利用者に声かけをしたところ、私のしゃがんでいる股間を前から後まで手で触られました」

「抱きつかれ体を撫で回された」「足や手をかまれキスをされた。体に触ってくる。腕をかんで甘噛みしてくる」など、度を過ぎたセクハラを受けたという。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

「体中を触られた」「殴られ、眼鏡が飛んだ」介護従事者へのハラスメント、犯罪の可能性も|弁護士ドットコムニュース bengo4.com/c_5/n_8117/ via @bengo4topics 可能性ではなく、犯罪でしょう

介護現場で「触られる」とかって何か日常茶飯事のように見えるのだが(一応、介護現場の経験在り) しかし、介護側に暴力?を振るう… 「体中を触られた」「殴られ、眼鏡が飛んだ」介護従事者へのハラスメント、犯罪の可… #niconews news.nicovideo.jp/watch/nw363454…

「体中を触られた」「殴られ、眼鏡が飛んだ」介護従事者へのハラスメント、犯罪の可能性も news.nicovideo.jp/watch/nw3634542 それを「利用者様の尊厳」や「仕方がない」とか御託を並べて対応しない上司もセットで着いてくる

ひどいな。 「体中を触られた」「殴られ、眼鏡が飛んだ」介護従事者へのハラスメント、犯罪の可能性も bengo4.com/c_5/n_8117/ #スマートニュース

もう介護(たぶん病院も)は監視カメラは双方の安全確保のために設置必須だな。 「体中を触られた」「殴られ、眼鏡が飛んだ」介護従事者へのハラスメント、犯罪の可能性も news.nicovideo.jp/watch/nw3634542

1 2