1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

デスクに見え置きしたい『ワンポイントになる文房具』5選

カラフルでシンプルだけどスタイリッシュなステーショナリー。プレゼントにもオススメです。

更新日: 2018年07月02日

75 お気に入り 39033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カラフルでシンプルだけどスタイリッシュなステーショナリー。プレゼントにもオススメです。

jetwskyさん

■『ZENITH ( ゼニス )』■

イタリアのステーショナリーメーカー、BALMA(バルマ)社が手掛けるブランド、ZENITH(ゼニス)のステープラー。イタリアらしいスタイリッシュなカラーが魅力です。

1990年に欧州向けに販売され、大ヒットしたステープラー590。
ステープラー591は、欧州で大ヒットした590のザインをベースに、日本で一般的なNo10の針が使えるように開発されたステープラーです。
ちなみに「ホッチキス」と呼ぶのは日本だけで、英語では「ステープラー」です。

厚い書類もラクラク綴じれるホチキス 、針を大量に入れられるのも便利 イタリアの文具ブランド「ゼニス」 freiheit-web.com/?pid=10615662 pic.twitter.com/0HCreteIO3

来ちゃった。来ちゃったよ、コレ!ゼニス様!世界で一番かっこいいホチキス!(文房具商店) twitpic.com/cbgoe9

特に何か必要性はないけどなんとなく欲しいヤツ。ゼニスのホッチキス pic.twitter.com/g1aKxYzHbg

■『centropen セントロペン』■

日本ではまだまだ珍しいチェコ発のセントロペン。創業者はもともと革製品のメーカーだったが1940年に筆記具製品の生産を開始し、翌1941年には[STENO]を発売。 事業の拡大と同時に1970年にはファイバーチップの生産を開始し、蛍光ペンやローラーボールペンを年間100万本以上を製造するメーカーとしてまで発展。近年では年間258億本もの筆記具を生産するメーカーへと成長してきたセントロペンです。

東欧・チェコのペンを使ったことがありますか?-どこか懐かしく、愛らしいペン

「チェコ centropen/セントロペン STUDENT 万年筆」※パープルのみ旧ロゴ「チェコ centropen/セントロペン インクカートリッジ ブルー 」 tabiya-nkn.ocnk.net/product/580 pic.twitter.com/u00XAas6gn

■『LYRA リラ 鉛筆削り』■

リラ社(ドイツ)LYRA リラ社は創業200年の歴史を持つ鉛筆作りのマイスター(プロ職人)です。

リラのコーポレートカラーであるイエローとブルーのコントラストがかわいい手回し式の鉛筆削りです。
ハンドルの付け根にあるダイアルを回す事で鉛筆の芯先の尖り具合を調節する事が出来ます。

ドイツのステーショナリーメーカーLYRA(リラ)社の卓上鉛筆削り(手動式)です。 イエローとブルーの可愛らしいデザインです(^^) #オチコチ舎 #文房具店 #stationeryshopinstagram.com/p/BRAZTRwDqEt/

携帯サイズもかわいい♡

■『ErichKrause』■

ロシア・エリッククラウスの水のりです。
最近あまり見かけなくなりましたが、しっかり留めるにはやはり水のりが安心です。1本あると封筒の口を閉じたり色々重宝します。

1 2