1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「女房がヘソクリ隠すとこ」…桂歌丸さん死去に悲しみ広がる

『笑点』でお茶の間の人気だった落語家の桂歌丸さんが亡くなられました。81歳でした。落語、笑点での掛け合い…思い出される映像とともに悲しみが広がっています。

更新日: 2018年07月02日

28 お気に入り 105015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・落語家の桂歌丸(本名・椎名巌)さんが死去

『笑点』(日本テレビ系)でお茶の間の人気だった落語家の桂歌丸(本名・椎名巌)さんが2日、死去したことが報じられた。

落語芸術協会によると、桂歌丸さんは2日午前、神奈川・横浜市の病院で、慢性閉塞性肺疾患のため亡くなったという。

葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻椎名冨士子(しいな・ふじこ)さん。

お別れ会を11日午後2時から横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で開く。

・突然の訃報に悲しみが広がった

歌丸師匠亡くなられたのか… いつか円楽さんのネタが本当になる日が来るとは思っていたけどやっぱり悲しい ご冥福をお祈りします。

歌丸師匠の凄いところはね、訃報が発表された時にSNSを駆け巡るのが 『悲しい』『もっと聴きたかった』なんて悼む言葉じゃなくて、 『ありがとうございました』って感謝の言葉だということ。 歌丸師匠、ほんと、ほんとうにありがとうございました。

小圓遊師匠が亡くなったとき、歌丸師匠は涙を堪えて「バカが一人で行きやがって」と悔しさと悲しさをにじませてたが、天国で38年待った小圓遊師匠が喜んでると思いたい。「歌さんまたバカやろうぜ」って喜んでるよ、うん

・また、歌丸さんとの思い出を語る人も

歌丸師匠亡くなったんですね…生の高座を何度か観ることができましたが、本当にお上手だなと心から思わされる落語家さんでした。 なんだかご冥福をとかお悔やみをとかじゃなく、「お疲れ様でした」っていうのがしっくりくる気がします。

桂歌丸師匠パリ公演のとき字幕を担当させていただきました。フランス語と落語に詳しいという理由から。師匠のセリフのタイミングに合わせて字幕を出すという貴重な経験でした。前日のリハーサルから数えると三日間共に過ごし、お話もたくさん聞かせてくださいました。心よりご冥福をお祈りします。

台風でお客がほとんどいない浅草演芸ホールで、はじめて歌丸師匠の高座をみたのですが、お客に話しかけたり、かえって和気藹々として、一席終わったあと、緞帳が降りるとき『お足もとの悪いなかありがとうございました』とお客を見送っていたことを私忘れないのです

今日の記者会見で問われました。私は「昨年8月に『戦争を知らない政治家が戦争に触れるな』と怒りを込めて語っておられた姿が忘れられません。歌丸師匠の反戦の思いを受け止め、師匠の怒りを代弁して頑張ることで、遺志におこたえする決意です」と。合掌。 https://t.co/vX9THJDk7O

・歌丸さん略歴

1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門し前座名今児を名乗った。

2年半ほど落語界から遠ざかったが、61年兄弟子の桂米丸門下に移り出直し。

『笑点』には66年の番組開始当時から出演し、四代目三遊亭小圓遊さんとの掛け合いが人気を呼んだ。

2016年にこの番組の大喜利コーナーの司会者を退いた後も高座に上がり、落語家として活躍を続けていた

晩年は肺疾患、帯状疱疹、背部褥瘡、腸閉塞など体調不良が続き、体力的に限界にきていることを理由に16年5月、勇退。その後は「終身名誉司会」になっていた。

1 2