1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆今月の23日、タイの洞窟で少年ら13人が消息を絶った

今回の災害が発生したのは、ミャンマーおよびラオスとの国境に近い、チェンライ県にある国立公園内のタムルアン洞窟。

近くの国立公園にある洞窟の入り口で少年たちの自転車が見つかったことなどから、警察や軍は、13人が洞窟に入ったあと流れ込んだ雨水に阻まれ、出られなくなったとみて捜索に当たっています。

◆また、少年らが消息を絶った理由はわかっていない

少年らが洞窟に入った理由は不明だが、23日のサッカーの練習後も自宅に戻らず、洞窟入り口近くに自転車やサッカーシューズがあった。

タイの救助隊員約1000人の他、米軍から派遣された30人以上の要員や、オーストラリア、中国、日本からの専門家も捜索に加わっている。

少年らの家族は洞窟近くのテントで子どもたちの帰りを待っている。近くに宿が用意されているが、状況を知りたいとテントの椅子で仮眠をとる親がほとんどだという。

◆不明になってから1週間。洞窟内に大量の濁水が貯まっており、捜索は難航していた

排水作業には日本政府が数年前に供与したポンプ車二台も投入された。海軍によると、三十日になって水位がようやく下がり始め、少年らが閉じ込められたとみられる洞窟の奥に空気ボンベを運ぶ作業を開始した。

海外からの支援もあり約2千人が昼夜を徹して捜索しているものの、洞窟内に大量にたまった濁水が行く手を阻んでいる。少年らの家族は現場に泊まり込み、帰還を願っている。

県知事は記者団に対し、「今日の仕事は一層困難だ。われわれは一生懸命ポンプで排水しているが、水位は上昇し続けている」と話した。

こうした中、日本のJICA(国際協力機構)の、かんがい排水の専門家が、排水技術の指導を行った。

JICA・降旗英樹さんは、「JICAのタイの事務所で持っている知見をできるだけ集めて、こちらの救出に役立つように頑張りたいと考えています」と話した。

◆そして、10日目を迎える7月3日未明、少年ら全員の生存が確認された

【奇跡】タイの洞窟で不明の少年ら13人 全員生存 news.livedoor.com/article/detail… 捜索隊は2日夕方、避難場所と想定されていた高台まで残り約500mの地点に到達。その後も捜索を続け、高台から400m先で発見した。 pic.twitter.com/5u2wUH4F62

タイ北部チェンライ県のナロンサク・オソタナコーン知事は2日、行方不明になっていた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチ1人の計13人全員を洞窟内で無事発見したと発表した。

命に別条はないという。行方不明から10日目の奇跡の生還となった。タイ海軍特殊部隊の潜水士らが早期発見を目指し、捜索を続けていた。

チェンライ県のナロンサク・オソタナコーン知事らによると、潜水士らは1日、洞窟の入り口から約2・5キロの地点に到達。2日朝までにさらに前進し、少年らが避難していると想定している場所に通じる丁字路まで到達した。

●この朗報には、安堵の声が多くあげられた

とりあえずホッとするね 家に帰るまでが遠足です(`・ω・´) タイ洞窟で行方不明の13人全員を無事発見 | 2018/7/3 - 共同通信 this.kiji.is/38654417566959…

タイ洞窟行方不明の事故のやつ見つかった上に全員無事だったのか。正直だめだと思ってただけに無事で良かった。

よかったー!ほんとよかったーー。みんな怖かっただろうに、頑張ったねー。 洞窟で不明の少年ら13人発見=タイ(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-… @YahooNewsTopics

これだよな。23日だから約10日以上も頑張ってたのか。すげえ。|タイ洞窟 少年ら13人不明 排水進み捜索範囲広げる | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

1 2