1. まとめトップ

【齋藤飛鳥】...単独センターに「自信は1ミリもない」と心境告白!【乃木坂46】

乃木坂46齋藤飛鳥、センター抜擢に「自信は1ミリも持てないけれど」正直な等身大の思い

更新日: 2018年08月22日

1 お気に入り 16018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toto-bigさん

□乃木坂46・21stシングル(8月8日発売)のセンターポジション&選抜メンバーが発表された。

乃木坂46・21stシングル(8月8日発売)のセンターポジション&選抜メンバーが1日深夜に放送された冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜 深0:00)にて発表された。

□齋藤飛鳥、約2年ぶりのセンター

□乃木坂46 21stシングル選抜メンバー&フォーメーション

3列目:高山一実、斉藤優里、若月佑美、鈴木絢音、星野みなみ、新内眞衣、井上小百合
2列目:秋元真夏、衛藤美彩、大園桃子、梅澤美波、岩本蓮加、松村沙友理、桜井玲香
1列目:生田絵梨花、与田祐希、西野七瀬、齋藤飛鳥、白石麻衣、堀未央奈、山下美月

□斉藤は、自身のブログで

6作ぶりに単独センターを飾る齋藤飛鳥は2日、自身のブログにてセンター抜擢の思いをつづった。

今回の選抜発表について「センターを務めさせて頂くことになりました。ありがとうございます。今回 初選抜が3人!うれしいですね、おめでとうございます」と切り出した齋藤。

□初センターを務めた15thシングル『裸足でSummer』以来、約2年ぶりの単独センターとなる齋藤

「初のセンターでまわった全国ツアーはずっと気を張っていて、もうほとんど記憶にないです。正直なところ、針の筵に座るような気持ちでした。ちょっと大げさですね」と当時の心境を吐露。

齋藤のセンターは、西野七瀬とWセンターを務めた19thシングル「いつかできるから今日できる」(17年10月発売)以来2作ぶりで、単独では15thシングル「裸足でSummer」(16年7月発売)以来6作ぶりとなる。

□5月にグループを卒業した生駒里奈との会話も明かしつづった。

「徐々に人間になっていく姿を晒しているような、そんな感覚だった気がします。今でもまだ『なりかけ』だよという話を、このあいだ久々に連絡くれた生駒せんせいとしたのですがね」と、5月にグループを卒業した生駒里奈との会話も明かしつづった。

□2度目のセンター「なんとかなる」に込めた思い

今回センターが発表された『乃木坂工事中』では「なんとかなると思って頑張ります」と冷静に意気込みを語った齋藤。

ブログでも「なんとかなる。大抵そう思って生きています。自分がどうにかしなくても時間が救ってくれることもあるし、環境が助けてくれることもあります。だから、無理や出来ないはないです。そういう意味で『なんとかなる』と口に出してみました」と明かした。

1 2