1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヘリコプターで刑務所から脱獄!...世界のビックリ逃走劇

陸が無理なら空!突破できないからドアを爆破!60億円を投資して成功した脱獄例も。世界の珍脱獄劇まとめ。

更新日: 2018年09月29日

2 お気に入り 5813 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●ヘリコプター脱獄

フランスの首都パリ近郊で、服役中だった受刑者が白昼堂々ハイジャックしたヘリコプターで脱獄した。

まず受刑者の共謀者2人が、ヘリコプターの飛行教官を脅してヘリを運航させ、ヘリは刑務所の構内に着陸。

ライフルで武装した共謀者2人は発煙弾を放ち、電動工具を使って受刑者が親族と話をしていた面会室に突入。3人は直ちにヘリに乗り込んで逃亡した。

この間わずか10分だったという。

ヘリコプターは後に刑務所から約60キロ離れた場所で発見された。また、ハイジャックされたヘリの操縦士は後に無事解放されたという。

●ドアを爆破して脱獄

受刑者は、拳銃で看守4人を脅して人質に取り、爆発物でドアを次々と爆破して脱獄した。

人質となった看守は全員無事に解放され、逃亡に使われた車両も高速道路上で焼け焦げた状態で発見された。

まるでハリウッド映画のような脱獄劇だが、事実、この受刑者は3年前のインタビューで、犯罪計画を立てる際にはハリウッド映画などの作品を手本にしていると語っていた。

●刑務所の職員を騙して脱獄

厳重な警備で知られる米ニューヨーク州北東部の刑務所から殺人罪で服役中だった受刑者2人が脱獄。

刑務所内の作業所で職業訓練の監督者として働いていた職員が工具などを提供して脱獄を助けた。

脱獄した受刑者が自分を「特別な」気持ちにさせたと供述。

恋愛感情を抱かせ、工具を手渡すようにしたという。「悪名高い色男」であるマット受刑者に口説かれていた。

刑務所内のパイプに、脱走した2人の受刑者が残したメモ。

マット受刑者は逃走中に射殺され、スウェット受刑者はカナダ国境近くで警察に拘束された。

●麻薬王の脱獄

メキシコ最大級の麻薬組織、シナロア・カルテルの最高幹部がメキシコ最高警備レベルの刑務所から脱獄。

脱獄に使ったとされるトンネルは1.5キロ近い長さで、照明や換気の設備もあった。

この時に使った脱獄資金は60億円とも言われている。

グスマンが麻薬取引で稼ぎ出した資産は約1,000億円はかるく超えているそうで、彼にとってみれば大した金額ではなかったのかもしれない。

およそ半年後、故郷であるメキシコ中西部シナロア州で通報を受けて駆けつけた当局との銃撃戦の末、グスマンの身柄が確保される。

1 2