1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

男でも女でもない…「Xジェンダー」という人たちの深すぎる悩み

自分の姓別が男でも女でもない「Xジェンダー」という人々が注目を集めてます。Xジェンダーという人々の深すぎる悩みとは。

更新日: 2018年07月04日

103 お気に入り 278690 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■認知されつつある「トランスジェンダー」

生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語

※トランスジェンダーとは

性的少数者のうち、心と体の性が一致しない人をさす。性同一性障害と診断されている人も含む。

ゲイは、同性を好きになるかどうかという話。トランスジェンダーは、自分の性別をどう考えるかという話。似ているようですが、まったく違う

性自認や性表現が生物学的性別と一致しない人のこと。 性自認とは、自身が男性性、女性性、またはその他の性だと自覚すること

性同一性障害は心と身体の性別が一致しない人に対して使われる言葉だと言いましたが、トランスジェンダーはそれを含めた性別に関わる何らかに対する違和感を持つ人全ての総称

トランスジェンダーの人々は異性愛者であったり、同性愛者、両性愛者、全性愛者あるいは無性愛者であったりする可能性がある。

■このトランジェンダーとは異なる「Xジェンダー」とは?

例えば「私は男でも女でもある」または「私は男でも女でもない」と言う人が居たら、あなたはどう思うだろうか?

心と体の性が一致しないなどの性的マイノリティーのなかで、いま“Xジェンダー”と呼ばれる人たちの存在が注目されるようになっている

Xジェンダー(X-gender)とは、出生時に割り当てられた女性・男性の性別のいずれでもないという性別の立場をとる人々を指す

自分の性を「男女両方(両性)だ」と思っている人もいれば、「中性だ」と思っている人もいるし、「男女どちらでもない」と思っている人もいます

女性の体に生まれ、性同一性がXジェンダーである人を「FtX」、男性の体に生まれ、性同一性がXジェンダーである人を「MtX」、男性の体・女性の体に非典型的なインターセックスの体(性分化疾患)を持ち、性同一性がXジェンダーである人は、自身を「XtX」

と呼ぶことがあります。

MtX(体は男性・性自認はXジェンダー)は私的な場でも“私”を使い、FtX(体は女性・性自認はXジェンダー)は私的な場では“僕”など男性的な一人称を使う人が多くなる

■Xジェンダーは服装や思考が多種多様

Xジェンダーのあり方は本当に多様なので、Xジェンダー全員に共通すると言える特徴は、正直ない

それぞれ男性で男性らしい格好をしている人、中性的な格好をしている人、女性らしい格好をしている人、女性で女性らしい格好をしている人、中性的な格好をしている人、男性らしい格好をしている人

多くのXジェンダー当事者はユニセックス(中性的)な服装を多く着用する。次いで男性の私服・女性の私服と続く

■深すぎる悩みを持つ…

当事者である大賀一樹さんはこう話す。「セクシュアリティのことを言える相手がいなくて、19歳の時に死のうと思った」

トランスジェンダーのように完全に女性として生きたいとも思えなかった。「この世界は、なんでこんなに二分されているんだろうなと不思議」

職場での服装が一番不安かな…。今は学生だし、男性っぽい服装してても別に誰にも何もいわれないけど、もし会社でスーツで働くってなったら、スカート履け!とかって言われたら…まじで嫌

■LGBTにも当てはまらないので苦しんだという経験も

1 2