1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

タバコってなかなか辞めれないですよね(涙)でも健康も気になるし・・・。そんな中、タバコよりも悪いかもしれない物が有るとしたら・・・。

nikominさん

タバコってなかなか辞めれないですよね(涙)
でも健康も気になるし・・・。

そんな中、タバコよりも悪いかもしれない物が有るとしたら・・・。

◆コンビニ弁当

コンビニ弁当は死を早める!
添加物があなたにもたらす危険性が!

など言われています。

西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分った。具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は、「公表するとパニックになる」と説明した。

◆チリ産の養殖サーモン

チリ産の鮭、日本のスーパーにたくさん並んでいますよね。

チリ産のサーモンが危険と言われている理由は、2つです。
◦抗生物質の平均使用量
◦殺虫剤の使用量
このどちらもが、もう一つの世界的なサーモン生産国のノルウェーを大幅に上回っているということです。

生産現場である養殖場が数多く存在する、チリ南部アイセン州に住むピーター・ハートマン氏はこう語る。
「私は養殖サーモンを食べません。抗生物質、殺虫剤、防汚剤など、“薬漬け”の実態を目の当たりにしているからです。この付近の住民には養殖場で働いている者も多く、皆それを知っています」

◆アイスクリーム

アイスクリームが大好きで季節を問わず1日1個以上食べる人も実際にたくさんいます。たまに食べるならいいかもしれませんが、実は「アイスクリーム」に潜む危険性もあることを知っておいてほしいのです。

冷たい食べ物は体を冷やします。体温が下がるとガンになりやすくなります。免疫力も低下し風邪などの病気にもかかりやすくなります。その他にも消化酵素などの体内酵素は冷やされると、うまく働けなくなるため消化不良をおこすなどさまざまなトラブルの原因になります。
また、糖分の高い食べ物を好んでよく食べる人は、免疫機能が減退し、ガンになる確率が普通の人の4~5倍になることも分かっています。

◆ドーナツ

甘くて美味しいドーナツ!
ついつい手がのびちゃう(笑)

ドーナツは肥満の原因になるどころか、とんでもない健康被害を引き起こす可能性がある食べ物だ。

長期に渡って過剰摂取することにより、血中の悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減少されるとみられています。
これによって動脈硬化を起こし、心臓病や心筋梗塞などの危険性を高めると言われています。
トランス脂肪酸 が与える健康への被害を恐れ、アメリカやヨーロッパ、イギリス、フランス、カナダ、オーストラリアなどの多くの国では問題視されています。

◆ポテトチップス

ポテトチップスやフライドポテトには有害物質が含まれているのだ。その有毒物質の名前はアクリルアミド。アクリルアミドは接着剤や塗料、紙・繊維などの仕上げ剤として工業的に使われており、人体に有害で、中枢神経麻痺を起こすことが分かっている。動物実験では発ガン性があることも確認されている。

2002年スウェーデン国立食品局(NFA)の研究報告によって、ごく一般的な食品や家庭料理にも含まれている「アクリルアミド」という成分に発がん性があることが指摘されました。
その報告では、高温で調理された炭水化物を多く含む食品に高濃度で検出されたとしており、特にフライドポテトやポテトチップスなどからの検出率が高く、食品業界に大きな波紋を投げかけるものとなりました。

◆カップラーメン

手軽でズルズル食べちゃうカップラーメン!
色んな味があり好きな人も多い。

カップ麺などの製品は油で揚げたものが多いのですが、その油に問題があります。
油は時間経過によって酸化し、過酸化脂質という物質が発生するのですが、この過酸化脂質は有害です。
過酸化脂質をマウスに与えると成長が悪くなり、一定量を超えると死んでしまうという実験結果が出ています。
人間でも、油物を食べたあとにお腹が痛くなったり、下痢をしたりする油あたりを起こす人がいますが、それも過酸化脂質が原因なのです。

カップ麺などの製品には非常に多くの塩分が含まれており、これもまた害をもたらします。
塩分自体は悪くないのですが、カップ麺一食で一日分の塩分摂取量を満たしてしまうほど塩分が含まれており、塩分過多になってしまいます。
塩分過多が続くと高血圧症になったり、腎臓疾患、不整脈や心疾患など様々な病気を引き起こす原因となるので注意が必要です。

これには驚く人が多いと思うのですが、実は容器自体も害を生み出しています。
ほとんどのカップ麺の容器は発泡スチロール製なのですが、その容器から乱化学物質とよばれるものが微量ながら溶け出します。
すると、油や添加物などと合わさって、様々な健康被害を誘発してしまいます。
たかが容器と思いがちですが、なかなか無視できないほど危険なのです。

▼健康や体に悪い食べ物に関心が集まる声!!

おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、 まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。 食べ物も人間関係も同じ。 美輪明宏 pic.twitter.com/AUNHy3n2GX

1 2