1. まとめトップ

アメリカに持ち込み禁止の食品【アメリカへ初めて行く人は必須】

アメリカに持ち込んではいけない食品について

更新日: 2019年07月26日

4 お気に入り 88001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

korokoro557さん

アメリカに旅行に行く際、日本のお菓子や食品などを持っていこうと思う方は多いはず。
しかしアメリカの入国審査は厳しいので持ちこみNGな物は多い。

■アメリカに 持ち込み禁止の食べ物

・肉製品(豚や牛や鶏)サラミ、ハム、ビーフジャーキーも

・乳製品(牛乳など) ※乳幼児用粉ミルクは除く


・果物、野菜、植物、種
(植物の害虫や病気をアメリカに持ち込む可能性があるため、ほぼ禁止。
デザートとして出されたバナナを持ち出すということも禁止ですので要注意)


・チーズ

・卵

食品成分が記載されていない食品

魚はOK

カレー粉やコンソメも持込禁止。お肉にエキスが入ってるため。
なので悲しいですがポテトチップスのコンソメ味は持ち込みNG。
肉や卵をスープに含むラーメン類は持ち込み不可。

肉についてはかなり厳しく持ち込みが制限されていて、肉(牛、豚、鶏)のエキスが入っているだけで、該当製品の輸入をアメリカは禁止しています。

生はもちろん、サラミ、ハム、ビーフジャーキーなどの調理済・加工済でもダメです。
缶詰やレトルト入り、スープやブイヨンも不可。

肉エキスを含む食品例

・インスタントラーメン、カップ麺(カップヌードルなどのラーメンはチキンエキスを含むものはNG)
・スープ春雨や、スープ類
・スナック菓子(ベビースターラーメンなどの肉エキスを含むお菓子)

肉やチキンエキスなど肉エキスの有無の確認は、食品の成分表示に書いてありますので、アメリカに持ち込む場合は必ず確認しましょう。

アメリカへの持ち込み禁止品目
●果物、野菜、植物
●肉製品、動物の製品、副産物など
(肉製品は全て禁止されている。生肉、肉製品の缶詰、乾燥した肉製品、肉エキスが入った食べ物など、形状などに関わらず禁止されているので注意が必要。カップラーメンのスープやポテトチップスなど、意外な物にも肉エキスが入っているので気をつけましょう。)

●生きている動物や野鳥類        
(特別な許可を得て、移住などでペットをアメリカに連れて行く場合もあるが、観光などの短期滞在者は基本的に生きている動物は持ち込めないと考えていた方が無難。)

●生体物質や生物学的物質              

●土、砂

ただし・・・

生野菜、生の果物は禁止されていますが、肉類とは違い加熱してあるものであればOK。
ジャムや野菜だけの缶詰などは持ち込むことが可能です。

お米

米は害虫が付いている可能性などが考えられるので、基本的に持ち込みは禁止。
ですが佐藤のご飯などレトルトのお米ならOK。

■持ち込みOKの食品

• 調味料(ケチャップ、マスタード、マヨネーズなど)や加工されたソース類
• オリーブオイルやその他の調理油
• パン、クッキー、クラッカー、ケーキ、グラノラバー、シリアルやその他の加工食品やベーカリー類
• キャンディやチョコレート類などの菓子(肉エキスが含まれていないもの)
• 保存処理をされたチーズ
• 缶詰
• 魚
• ドライフルーツ
• リキッドミルクや乳製品
• パウダー飲料
• ジュース
• お茶
• コーヒー(焙煎してあるコーヒー豆)
• スパイス
• 蜂蜜
• 麺類やラーメン(スパイスに肉や卵が含まれていないもの)
• 米 (レトルトご飯やアルファー米の加工食品は可)
• 薄力粉
• 茸類
• ナッツ類

お酒は持ち込み禁止ではありませんが、免税範囲というものがあり、アメリカに入国する際には、1リットルまでなら持ち込みが可能。(21歳以上)

タバコは200本まで持込みが可能

食べ物のパッケージに原材料名の記載がないものは全て没収とされてしまいます。

例え持ち込み禁止ではない食べ物でも、この場合は認められないので要注意。
パッケージを見て何の食品か分からないものは没収となってしまう、と覚えておきましょう。

ちなみにハワイもアメリカなので当然ながら肉類などの食品は持ち込めません。

※アメリカへ食べ物を持ち込む場合は入国審査の前に事前申請を!

「アメリカへ食べ物を持ち込む場合」は入国審査の前に事前申請を!

アメリカに入国する際に食べ物を持ち込む場合にはあらかじめ手続きを行う必要があります。

事前申請をする方法は、関税申告書で「食品持ち込みあり」にチェックマークを入れておきましょう。

この申告書を入国審査の際に係員に渡します。

事前申告を行わないと没収をされてしまったり、さらに申請を行っていないと罰金の対象になってしまうので要注意です。

事前申告してないと入国審査で500ドルの制裁金を支払うことになることも。

うっかり事前申請を行わないとこんな悲劇が起きてしまうのでしっかりと手続きを!

例えキャンディ1個でも申請をチェックをしておく必要があるんです。

持ち込み禁止の食品ではなくても没収される例

○食品成分表が貼っていないもの

○中身がわからないもの

1