1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼日本ではいつまでも不景気が続く

▼アベノミクスだのいってもまったく効果がない 正規雇用は減り非正規雇用ばかりが増え続ける

▼アベノミクスをこう解説する人たちも

▼いつまでも好転しないこの不景気を人々は"失われた20年"と呼ぶようになる

▼パナマ文書にこそ景気回復のヒントがあったはずだが、結局握り潰されてしまった "失われた20年"ではなく"奪われた20年"なのか

▼そんななか、平成29年度の税収が58兆7800億円余りと、バブル期の平成3年度以来の高い水準と報道される

昨年度(平成29年度)の国の決算が判明し、税収は前の年度を3兆円余り上回って58兆7800億円余りと、バブル期の平成3年度以来の高い水準となったことがわかりました。

株式の売却益にかかる所得税収が伸びたことなどが主な要因です。

関係者によりますと、昨年度の国の一般会計の決算は、歳入のうち、税収は、所得税が株価の上昇で株式の売却益や配当収入が増えていることなどから前の年度よりも1兆2700億円程度増え、法人税も好調な企業業績を背景に1兆6600億円程度増えました。

また、消費税も2800億円程度伸びた結果、税収全体では、前の年度を3兆3000億円程度上回って58兆7800億円余りとなりました。

これは、バブル期の平成3年度以来、26年ぶりの高い水準です。

▼税収が58兆7800億円余りと、バブル期の平成3年度以来の高い水準と報道

ネット民の考えはこれである「だったら消費税の増税やめろ」「むしろ消費税を5パーセントに戻せ」

1 2