1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆7月3日、日本代表の主将である長谷部誠がインスタグラムを更新し、引退を表明

長谷部誠、日本代表引退を表明 news.nicovideo.jp/watch/nw3641231 日本代表MF長谷部誠が7月3日にインスタグラムを更新し、代表チームからの引退を表明した。 pic.twitter.com/HWd86ZsoTJ

サッカー日本代表MFでキャプテンの長谷部誠選手(34)が3日、代表引退を自身のインスタグラムで表明した。

「まず始めに、ロシアW杯での日本代表チームへの多大なるサポート本当にありがとうございました。皆様からの力が日本代表チームを前へと押し進めて下さいました。本当に感謝しています」

その上で「そして僕個人としては、この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います」と代表引退の意向を示した。

◆12年間共に戦った仲間、ファンに感謝を述べた

長谷部誠が代表引退を表明「僕にとって誇りであり、なにものにも代え難いものでした」 web.gekisaka.jp/news/detail/?2… #gekisaka #daihyo pic.twitter.com/ydYJtzHSlZ

「そして僕個人としては、この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います。日本代表という場所はクラブとは違い、いつ誰が選ばれるかわからないところであるので、

いち選手からこのように発信する事は自分本位である事は承知しています。しかし、2006年から約12年半という長い間共に戦った仲間たち、多大なるサポートをして下さった日本の皆様に感謝の気持ちを伝えさせていただきたいと思い、

こうして書かせていただいています」と12年間、苦楽をともにしたチームメート、歴代監督、スタッフ、ファンに感謝の思いを伝えた。

◆そして7月5日、W杯での激闘を終えた日本代表が帰国した

ロシアで行われているサッカーのFIFAワールドカップでベスト16入りを果たした日本代表が5日午前、帰国した。

◆また、5日正午に、長谷部誠が帰国会見に挑んだ

日本サッカー協会(JFA)は5日正午から都内で「帰国記者会見」を行い、日本代表の西野朗監督、キャプテンの長谷部誠選手が出席した。

すがすがしい表情だった。代表引退を表明した長谷部は、主将として“最後の仕事”となる会見

◆最初にファンに感謝。また、無関心が一番怖かったと語る

「今回、大会前は期待されていなかったと思うんですけど、無関心のほうが一番怖いと思っていました。

このW杯で関心を集められたと思う。これからも日本代表だけでなくJリーグ、海外でプレーする選手、さらに女子、といろいろなカテゴリーで全ての日本サッカーに関心を持ってほしい」と語った。

◆期待されていない状況が、絶対にひっくり返してやろうという気持ちになったという

「期待されていない状況を絶対にひっくり返してやろう、とチームで話していました。選手全員がその強い思いを持って戦い、皆さまの期待を取り戻せたと思う」

また、「『やってやった』という気持ちももちろんあります」と笑い、続けて「厳しい言葉がこのチームにとっては力になったと思います」と感謝も忘れなかった。

一方で、「12~13年代表でプレーし、この会見が終わったら僕の代表の公式的なものはすべて終わります。喪失感はすごい」と率直な思いも口にしている。

1 2