1. まとめトップ

超簡単!効果抜群!手のアンチエイジング方法

家にある材料で若々しいピチピチな手が手に入ります。

更新日: 2018年07月06日

5 お気に入り 3029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実際にやってみましたが、ツルツルな手になりました。

手には本当の年齢が現れるとも言われます!

若い時はピチピチして水とか弾いちゃったりしました。
しかし年齢が上がれば上がるほど弾力もなく、ましてや水仕事で手がガサガサに。
本当の年齢以上に汚い手になってしまった!!って事もあると思います。

落ち込まないでください。
簡単に手がきれいになる方法があるんです!!

材料

●牛乳…大さじ2杯程度
●キュウリの汁…大さじ1杯程度
●ゼラチンパウダー…大さじ2杯程度
●重曹…小さじ1/2杯程度

※キュウリの汁は大根おろしを作る要領ですってもOK!

材料をすべて耐熱性のボウルに入れ、ペースト状になるまでしっかりと混ぜ合わせていきます。

これを電子レンジにかけ、最大温度で12秒間温めてください。
熱を加えることでペーストが再び液体状に変わるはずです。
固まりが残っているという場合は、さらに数秒間温めてみてください!

12秒で少し固まりが残る感じがしますが、混ぜてもう一度チンしてみてください。
2秒とか4秒とか。

手に塗っていきます!

ハケや絵の具用の筆などを使って、ボウルの中の液体を手に塗っていきます!
固まってしまう前にささっと塗りましょう。
全体に塗り終わったら、そのまま乾燥するまで放置します!

乾いて固まると、半固形の薄い膜が出来上がります。
この膜は簡単にはがすことができるものです。

指で表面を触ってみてベタっとつかなければ剥がし作業にうつります!

はがしていきます!!

ゆっくりと手からはがしていきます。
この際、指の細い産毛も同時に処理することができます!

※注意※
乾かしすぎると剥がれにくくなります。
その時は残念ですがぬるま湯で落としてしっかり保湿してください。
後日再チャレンジ!!

ハンドパックの頻度

ハンドパックは月に3回程度を目安に始め、慣れてきたら少しずつ頻度を増やしていきましょう。数か月もすれば、手の甲の肌の状態が改善しているはずです

それぞれの材料の効果

●牛乳●
手の皮膚を柔らかくし、しなやかさを生み出します。
保湿効果や栄養分も非常に高いため、手の細かいしわにも効果が期待できます。

●キュウリの汁●
キュウリの汁にはビタミンEが豊富に含まれており、肌の保湿効果が期待できます。
手にできたシミなどを目立たなくします!

●重曹●
弱アルカリ性の重曹は、酸性の汚れを中和し毛穴の汚れを落として肌のくすみを解消してくれます。


●ゼラチン●
ハンドパックの透明な保護層を形成するために、ゼラチンパウダーはなくてはならない材料です。保護膜を作ることで、他の材料をしっかりと手の表面に留め、有効成分の効果を最大限に引き出すことができます。
また、ゼラチンにはコラーゲンが入っておりますので体の若々しさなどが期待できます。

やってみました。※1回目です。

画像の編集方法に問題がありますが、
左手のみやってみました。
右手は何もしてないビフォーです。
若干ですが明るくなった気もします。
実際は左手だけツルツルです!!!
しっかり保湿をしました。
間をあけて2回目チャレンジします!!

色白だったのですが日焼けをしてしまい、茶色くなった手の甲。
これできっとまた元の色に戻れたらいいな・・・。

是非、みなさんもやってみてください!

ハンドパックは産毛も処理できちゃうので今度は顔にやってみようかな。

1