科学捜査研究所の鑑定結果を待っている状況ですが、着用していた衣類などから宮田八郎本人の可能性が非常に高いように感じられます。

出典宮田八郎遭難対策委員会

前へ 次へ