宮田八郎は穂高において長年小屋番として山岳レスキューに携わり、常に危険と背中合わせの遭難現場にその情熱の多くを注いできました。

出典宮田八郎遭難対策委員会

前へ 次へ