1. まとめトップ

ヒプノシスマイク シンジュク・ディビジョン曲に腰を抜かす

男性声優キャラによるラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク」が魅力的だと沼る女子続出。7月6日に公開された、シンジュクのディビジョン曲が乙女たちの度肝を打ちぬいた

更新日: 2018年07月06日

5 お気に入り 23520 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

私もヒプマイにハマった一人です

kiironominiさん

ヒプノシスマイクとは

キングレコードが原作を手がける音楽CD企画。男性声優12名がキャラクターに扮してラップを行う、ラップソングプロジェクトである。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」は総勢12人の個性豊かな男性キャラクターがイケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」、ヨコハマ・ディビジョン「Mad Trigger Crew」、シンジュク・ディビジョン「麻天狼」、シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」の4チーム(各チーム3人編成)にわかれ、ラップ音楽と共にバトル展開するストーリーの作品。

男性は中王区外のシンジュク・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、
イケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン等の区画で生活をすることになる。
各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、
勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。
これは、兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で
紡がれる男たちの威信をかけた領土バトルなのだ。

首都圏4つのエリアのディビジョンのチームが、ラップでバトルするという世界観

イケブクロ・ディビジョン 「Buster Bros!!!」

山田一郎、二郎、三郎の兄弟によるラップチーム。全員オッドアイ。
一郎と二郎の2人はヤンキー。末っ子の三郎はそんな兄たちを冷静に見ている。
弟二人が兄の一郎をひたすら慕っているのが微笑ましい。

一言で言うと

長男:オラオラ
次男:アゲアゲ
三男:中学生らしいあどけない声質で奏でられる寝る前に聴きたい癒やし系ラップミュージック(激エモ)

ってかんじ…………(推しがバレバレでは??)

シンジュク・ディビジョン 「麻天狼(マテンロウ)」

医師、ホスト、会社員によるチーム。ザ・歌舞伎町という雰囲気だが、ボイスドラマはコメディタッチな部分が多い

シンジュクと言えば歌舞伎町!ホスト!夜の街!ということでホストがいる訳ですが、なんとこの人………本来は女性恐怖症で………スーツを着ると性格が変わるお陰でホストをやっていけるんですよ………。病める街シンジュクの闇は深い。そんな一二三の曲はスーツを着たホストモードで、イントロを聴いただけでヒャッハーーーー!!!!!シャンパン持ってきてーーー!!!!って感じで最高です。

キャストの設定が面白いのですが、実は面白いだけでなく、切なかったりもします

シブヤ・ディビジョン 「Fling Posse」

デザイナー、小説家、ギャンブラーという、いかにもカルチャーの街・シブヤなチーム

デザイナー、作家、ギャンブラーという組み合わせで、可愛い指数が高いチーム。

可愛いけれどあざといところもあって……たまりません。

ヨコハマ・ディビジョン 「Mad Trigger Crew」

ヤクザ、刑事、元海兵という組み合わせのチーム

銃兎さんと左馬刻様の2人の掛け合いがめちゃくちゃやばい。汚職警官とヤクザってのがまたいいですわー。

ディビジョンごとのディビジョン曲とキャラのイメージのギャップが激しい

イケブクロ、シブヤ、ヨコハマ、シンジュクそれぞれのディビジョン曲が公開されていますが、キャラのイメージとチームソングの雰囲気が全然違う!と話題に。

特に、シンジュクの新曲が発表された日、ファン達の間を衝撃が走りました。

ブクロ「俺らの街こいや楽しませたるわ」 ハマ「地元も仲間もサイコ~みなとみらいFo~」 シブヤ「なんだかんだ言ってこのメンツサイコ~なんだよね」 シンジュク「俺らの街きたら即ぶち殺す」

1 2