1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「万引き家族」だけじゃない!『家族と貧困』をテーマにした名作映画

「万引き家族」以外にもみてほしい。家族と貧困を描いた映画。「BIUTIFUL ビューティフル」「わたしは、ダニエル・ブレイク」「罪の手ざわり」「鉄くず拾いの物語」「ウィンターズ・ボーン」「三姉妹 ~雲南の子」の6作品もおすすめです。

更新日: 2018年07月09日

29 お気に入り 16141 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』

日本映画としては1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来、じつに21年ぶりとなる快挙です。

『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。

#万引き家族 も観てきました。 観なけりゃよかったと思うほど辛くなって後半は涙が止まりませんでした… 安藤さくらさん、凄いわ… 結局は観なくちゃいけなかった映画でした。

万引き家族見てきました、凄い思うことがある映画でした、とてもよかった。是非見てほしい!

『万引き家族』めちゃくちゃよかったです。抑制されたトーンで類型的な理解を拒む人間たちのまとう灰色の雰囲気がとんでもなくよかった。

万引き家族はこれぞ日本映画って感じで最高やったなぁ… 家族とは何か、正しいとは何かということを考えさせられる映画ですな!

他に観てほしい「家族と貧困」を描いた名作映画

▼『BIUTIFUL ビューティフル』

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ハビエル・バルデム, マリセル・アルバレス, エドゥアルド・フェルナンデス

スペインの裏社会で生計を立てるウスバル(ハビエル・バルデム)は、あらゆる闇取引に手を染めながらも、愛する2人の子どもと情緒不安定の妻を支えて暮らしていた。

ところがある日、彼は末期ガンと診断され、余命はわずか2ヵ月と告げられる。死の恐怖にも増して、何よりも遺される子どもたちの今後が、苦しみとして重くのしかかってくるウスバルだったが…。

BIUTIFUL ビューティフル-2010年 メキシコ移民の男は スペインバルセロナ貧困地域で 子供を抱え、与えられた運命の中 法を犯しながらも 懸命に這いつくばって生きている 美しいスペインの現実を描く 本当のBeautifulとは❓ 監督がタイトルを BIUTIFULとした意味が 映画のラストで理解できる pic.twitter.com/MeuC78JEsx

最近みた映画では『BIUTIFUL』が抜群に良かった。スペインの貧困層の中年男性が余命宣告される話。仲間や家族のために主人公は努力しまくるのだが何ひとつうまくいかず、最悪のことばかりが起きるので観ていると「お前の人生…」という気分になる。

今日はやっと『万引き家族』を観てきた。 是枝監督はイニャリトゥ監督に大きな影響を受けてるかな、と思う。 貧困と無学、社会の不条理、運命に翻弄されるもがく家族は深い愛にあふれている。 イニャリトゥ監督の『ビューティフルBiutiful』で描かれている。工事現場の描写や労働状況も似てる。 pic.twitter.com/yxvJ4ya3Ra

▼『わたしは、ダニエル・ブレイク』

監督:ケン・ローチ
出演:デイヴ・ジョーンズ, ヘイリー・スクワイアーズ

59歳のダニエルは、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。

悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」 ケン・ローチが現在進行形で続くイギリスの貧困を見つめる。似た題材の「万引き家族」やダルデンヌ兄と違って本作の描写は極めてストレート。でも映画は、僕らが普段思ってても口に出せないことを、大声で語ってくれるものでもあるのだよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/cWTRhsOlB9

『万引き家族』と『わたしは、ダニエル・ブレイク』は貧困の中で支え合う疑似家族という類似点があるけど、いかなる理由があろうとも一線を超えた行動を取った人物には代償を払わせるという点も似てるな〜。理由はあっても許されない行為というのがあるよ。 pic.twitter.com/H4OvAN5BQY

わたしはダニエル・ブレイク 観た。しんどい…つらい。社会福祉制度にたらい回しにされてジリジリと貧困に落ちていく心臓病で働けなくなった大工のダニエル。イギリスでもこういう問題ってあるんだね。これは明日の私かもしれないんだよな…と思ったり。

▼『罪の手ざわり』

監督:ジャ・ジャンク―
出演:チャオ・タオ, チァン・ウー, ワン・バオチャン

急激に変貌する中国でここ数年に起きた4つの事件を元にした人間ドラマ。毎日をひたむきに生きる“普通の人々”が、厳しい現実の中で罪に触れ、引き起こしてしまった様々な悲劇とその深層を描く。

1 2