1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

岡山県総社市のアルミ工場で爆発…西日本が大変なことになっている

2018年7月6日深夜に岡山県総社市のアルミ工場で爆発事故が発生。他にも西日本各地で大雨の被害が報告されるなど大変な一日となっていた。

更新日: 2018年07月07日

10 お気に入り 40756 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼岡山県総社市でアルミ工場が爆発した

6日午後11時40分ごろ、岡山県総社市の市消防本部に「工場のようなものが爆発した」と通報があった。同35分ごろには、同本部の職員が爆発音と振動を確認しており、同市下原付近の現場に消防隊員が急行した。

6日午後11時半ごろ、岡山県総社市下原にある「朝日アルミ産業」のアルミ工場で爆発がありました。

警察によりますと、周辺の住宅の窓ガラスが割れるなどして住民10数人がけがをしましたが、いずれも軽傷とみられるということです。

また、爆発の影響で、工場の近くの住宅や車庫など3棟が全焼したということです。
爆発が起きた時、工場は操業しておらず、敷地内に人はいなかったということです。

地元消防によると、付近の住宅数軒から「自宅が炎上している」との119番もあり、火災が発生していたが、鎮圧した。関連を調べている。

・近隣住民は避難を余儀なくされている

大雨の影響で多くの住民が避難している近くの小学校では、避難者が付近で火が上がっているのを目撃した。校内にいた校長によると、爆発音が響き、衝撃で物が落ちたという。

この爆発で近くの下原公会堂が避難所となり、負傷したとみられる数人を含め十数人が避難。2次爆発の恐れがあるとして7日午前2時前、市スポーツセンター・きびじアリーナ(同市三輪)に移るよう指示が出された。

岡山県には大雨の特別警報が出されていて、総社市の隣の倉敷市では、6日午後11時半までの1時間に17ミリのやや強い雨が降っていました。

警察は、アルミニウムを溶かす炉が何らかの原因で爆発した可能性が高いとみて、原因を調べることにしています。

▼Twitterでは爆発の瞬間を目撃した人たちのツイートが見られました

は、ちょ、まって、鉄工所?が目の前で大爆発したんやけど、、 爆風がやばかった pic.twitter.com/JRLpUGfNqh

総社の会社からの帰りにすごい音とすごい高さの火花が上がって雷落ちたと思ったらなんかの工場が爆発したみたい 道に煙上げた瓦礫とかが散乱しててやばい 帰り道崖崩れもしててどうやって帰ればいいんや_(┐「ε:)_ pic.twitter.com/JqMFj2ZCUr

▼総社市の片岡市長がTwitterで避難を呼びかけていました

高梁川がかなり危険です。皆さん、高いところへ避難してください❗

総社市下原地区の工場爆発に伴う二次爆発の可能性があるために、只今、地区の方々を避難所へ移動の手配をしています。

▼爆発の原因と見られる「アルミニウム粉」は水に触れると爆発する

岡山 総社市のアルミ工場が爆発 アルミニウム粉末を取り扱う アルミニウム粉は水に触れると爆発 火災時は水をかけてはいけない 降り続ける大雨 一体どうすれば、、、 pic.twitter.com/gt6hSb5CwL

【今回の岡山県総社市の朝日アルミで起きた爆発事故の考察】 ①大雨によって工場に侵入した水とアルミによる水素発生 ②アルミ粉末の自然発火 ③発火による水素爆発 ④爆発によるアルミに物理的性質が似ているマグネシウムの酸化 (マグネシウムの酸化で雷ように光った) @nakaryu0613 ←ありがと pic.twitter.com/SsFqJpFBEK

特徴
銀白色(ぎんはくしょく)の粉末である。
水より重い。(液比重2.7)
酸にもアルカリにも溶け、水素を発生する。(両性金属である。)

空気中の水分やハロゲン元素により、自然発火する危険性がある。
燃焼すると、酸化アルミニウムを生成する。
粉じん爆発の危険性がある。

追記:一夜明けて工場の凄まじい様子が明らかに…

1 2