1. まとめトップ

シャキシャキとよい歯ごたえでどう料理してもおいしい絶品葉野菜の水菜

歯ごたえが秀逸で、生でよし、火を通してよしの万能食材の葉野菜である水菜の、おいしい食べ方紹介です。

更新日: 2018年07月07日

1 お気に入り 96 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

水菜おいしくて大好きです。

moepapaさん

水菜(みずな)とは

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia)は、アブラナ科の越年草。学名が示す通り、植物学的には、アブラナやカブなどと同種である。また、同種同変種にミブナがある。カラシナの一種として説明されることもある。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)、センボンナ(千本菜)、センスジキョウナ(千筋京菜)、イトナ(糸菜)などがある。またキョウナを標準和名として用いている図鑑も多い。

伝統的な品種としては、大阪や京都など、近畿地方を中心として、葉の切れ込みが深く、葉柄が細く、収穫期にはほとんど株立ちしない関西系の品種と、静岡県や愛知県など、東海地方を中心として、葉の切れ込みが比較的浅く、葉柄ががっしりと太く、若干の株立ち状態で収穫される関東系とされる品種がある。

京都付近では秋に苗床に播種し、晩秋畑に定植して管理する。耐寒性が強く、旬は晩秋から冬。 独特の芳香と繊維分をもつ。ビタミンA、ビタミンC、カルシウムが多く含まれている。煮食が多く、鯨の水炊きなどに使われる。またほかの鍋物、煮物、漬物などにも使われる。独特な歯触りを損なわないため火を通しすぎないように調理する。

近畿地方を中心とする地域で、古くから常用されてきた葉野菜であるが、近年では関東地方以北など、全国的に普及してきている。農林水産省のまとめた平成24年度野菜生産出荷統計によると、水菜の収穫量第一位は茨城県であり、年間16,000tとなっている。これは第二位の福岡県の約4倍、本場とされる第四位の京都府の約6倍である。

水菜料理ギャラリー

鍋料理でも定番の具です。シャキシャキ感が失われない程度に煮て食べます。

1 2 3