1. まとめトップ

女性に急増中の乳がん!しこりだけじゃない他の症状でもチェックして!

早期発見が鍵です。たまには、チェックしてみましょう。

更新日: 2018年07月13日

2 お気に入り 2658 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momonga777さん

まず、乳がんとは?

乳がんの多くは乳管から発生し、「乳管がん」と呼ばれます。小葉から発生する乳がんは、「小葉がん」と呼ばれます。乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理検査)すると区別できます。この他に特殊な型の乳がんがありますが、あまり多くはありません

出典乳がん基礎知識

20代で乳がんになる人も。(モデルさん20代前半ぐらいかもな。胸た全体が貧弱だもん。未熟ってこと)

以前までは40後半ー60までの人がなりやすかった。だけどどの年代も安心しないように。

乳がんは、しこりとして見つかる前に、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺、胸膜、肝臓、脳など)に転移して見つかることがあります。乳がんの種類や性質によって、広がりやすさ、転移しやすさは、大きく異なります。

出典乳がん基礎知識

がんの診断はたいてい次のような経過をたどります。胸にしこりのようなものを感じて医師の診察を受ける。検査(乳房検査、マンモグラフィー、超音波検査、生検など)の結果、そのしこりががん性と判断される。

出典MSNライフスタイル

女性は30代、40代が成熟期になる。
子供を何人も産んだことのある女性は胸が小さくなりちょっと垂れていく人が割合多い気する。

このマンモでのモデルさんは経産婦では、なさそう。

子供産んでる女性と産んでないで女性と比べたら胸の形はだいぶ違いますからね。でも一般的に乳がんの場合は、誰がなるか分からないので20代後半ー60代までの女性は気をつけておいたほうがいいとおもいますよ。

女性は定期的に自分で乳房をチェックして、何か変化があったら気づけるようにしておく方がよいとされています。

出典MSNライフスタイル

でも、乳がんのサインはしこりだけではありません。実際、英国がん研究機構(NCRI)の2016年度会議で報告された、本調査に先立って行われた研究によると、乳がんと診断された女性の6人に1人が、しこり以外の症状を最初に報告しているそう。

出典MSNライフスタイル

「自分で乳房の変化に気づいたら、専門家に診てもらう必要があります。いつもの様子と違うようなら、医師に相談してください」と言います。次に、気をつけた方がよさそうなサインをいくつかご紹介します。

出典MSNライフスタイル

皮膚のキメの変化、またはへこみ

乳房の皮膚にガサガサした硬い部分や普段より厚みのある部分ができたり、へこみ(ディンプリング=えくぼ形成と呼ばれています)が出たりした場合、乳がんのサインかもしれません。

出典MSNライフスタイル

一部の乳がんでは、乳房の内側から皮膚に通じるリンパ管が塞がれて、皮膚がオレンジの皮のような状態になることがあります。

乳首が引っ込む

若すぎる人はまだ乳首が出てきてない場合があるのでそれは乳がんではないです。苦笑

乳がんの中には、乳首が内側に引っ込んでしまう「乳頭陥没」とか「乳頭退縮」と呼ばれる症状をもたらすものがあります。一般的には、乳房の内側でがん細胞が広がり、形を変えてゆくため

出典MSNライフスタイル

最近の研究によると、乳がんと診断された女性の7%で、乳首の異常が見られました。

出典msnライフスタイル

乳首からの分泌物

妊娠後期とか、授乳中のお母さんじゃないかぎり母乳はでませんよ。医者がいうには、乳首をつまんで血のような汁が出た時は乳がんの可能性大

乳首から分泌物があってもほとんどはがんのせいではありませんが、乳首に触れたり、押し潰したりしなくても出てきて、血液が混じっていたり片側だけだったりする場合は特に、すぐに医師の診察を受けることが大切。

出典MSNライフスタイル

腫れと赤み

炎症性の乳がんでは、がん細胞がリンパ液を運ぶ管を塞ぐために、最初に皮膚が赤く炎症を起こして腫れることがよくあります。

出典MSNライフスタイル

①いつもと違うしこりやかたさがないか。
②えくぼのようなくぼみがないか。
③乳頭がただれたり、かさぶたになっていないか。
④乳頭から血液が混じったような分泌物がないか。
⑤わきの下に、しこりがないか。
⑥皮膚が赤くはれたり、オレンジの皮のようにざらざらしていないか。

出典乳がん検診促進

乳がんになったら、切除しないといけなくなりますからね。
女性にとっては苦痛です。

温存しようとして、亡くなった人も多いですよね。
また若い人がガンになると進行が早いです。

入浴時や着がえのときに、鏡の前で腕の上げ下げなどのポーズをしながら目で確認します(視診)。

出典乳がん促進キャンペーン

おやすみ前に、あお向けの姿勢で乳房やわきの下のリンパ節をさわります(触診)。

出典乳がん促進キャンペーン

1 2 3